二年前と変わらず、炎上に参加する人は「小金のあるおっさん」

2016年もお話を伺った『炎上とクチコミの経済学』(朝日新聞出版)著者、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター講師の山口真一さんに「炎上のいま」について3回に渡って伺っています。

炎上参加者は小金のあるおっさんという絶望的な結果が前回と変わらないという絶望。こういうおじさんは筋トレとかした方がいいんじゃないかな。

一回目

二回目

三回目

偏りというとネトウヨの人とかtwitter上で喧嘩ばっかりしてる人とかそういうのを連想しがちですが、ネットユーザーは全員偏っているのだという指摘に視界が開ける心地でした。

炎上研究を専門にしていて暗い気持ちにならないのか伺った際の、山口さんが感じる「炎上解決への兆し」もあります。

関連記事