小学校から大学まで「ネット依存対策」の講演を行っています。

はじめまして。石徹白未亜(いとしろ みあ)と申します。
かつてゲーム、ネット依存で、その体験を『節ネット、はじめました。』(cccメディアハウス)という本にし、現在は自分の経験をもとに講演活動も行っています。
風邪気味なときに体を休めるように、ネットを使いすぎているな、と思ったら生活を振り返れるようにするような、今日からはじめられる「手当て」ができるようになる。そんな講演を行っています

※トップページ(現在のページ)では、ネット依存対策の講師としての活動を紹介しています。ライターとしての活動、過去の記事紹介などは別ページ(こちらをクリック)で紹介しています。

ネット依存の講演、こんなことでお困りではないですか?

学校関係者様

情報モラル教育、スマホの基本的な使い方は多くの企業が講演を行っているけど、ネット依存の講演をしている企業や団体、個人がなかなか見つからない!

石徹白

そうなんですよね。ネットの基本的なリテラシー(個人情報などを送らない)については、携帯電話会社各社や、SNSサービスを提供している会社が主体となり講演を広く行っています。

もちろんそれも大切な取り組みなのですが、一方、こういった「企業」さんの場合、「利用をほどほどにしよう」という「依存対策」については、やはり企業である以上あまりお話がしづらい、というところが多いようです。

ネット依存で長期間の引きこもり、入院などから立ち直った方のお話というのももちろん参考になるのだが、学校の生徒たちのような「ちょっと使いすぎている」という状況にフィットする講演があればいいのだが……

はい。私自身が自分がネットをどっぷり使いすぎていた経験を『節ネット、はじめました』(CCCメディアハウス)という本にまとめています。私はゲームやネットをどっぷりつかっていましたが、自助会や通院はしませんでした。※これらの活動を否定する意図ではまったくなく、自分ではもう対応が難しい、という場合どこに相談すればいいかも含め講演ではお話させていただきます。

ただ、私自身の経験から、病院や自助会にかかる前の、もっと「依存気味かな?」くらいでできる「手当」の重要性を感じています。「風邪気味なときは無理しない」ように「ネットを使いすぎているなら自分で見返す」、そんな生活習慣を身に着けるためのお話を、私の講演ではさせていただいています。

石徹白未亜(いとしろ みあ)プロフィール

ライター。ネット依存であった自身の体験をもとに書籍『節ネット、はじめました』(CCCメディアハウス)を執筆。子どものネット依存、情報モラル教育、啓発を行うエンジェルズアイズの活動に参画。

【ネット依存に関するメディア出演実績】
NHK『ハートネットTV』、フジテレビ『バイキング』、朝日新聞、週刊文春、ガスエネルギー新聞等メディア掲載。
【講演実績】
・新宿区各中学校様
・練馬区立光が丘第二中学校様
・東京大学でNPO法人MIS様による留学生に向けたネット依存対策セミナー(英語)
・文化女子学園付属高等学校様
・船橋市浜町公民館様
・神戸市立長坂中学校様
・埼玉県立鳩山高校様
・エクスコムグローバル株式会社様主催、小学校によるネット啓発イベント『つながらないクリスマス』
・福生市立福生第一中学校様
・東洋大学附属牛久中学校様
・東京都立松原高校様

リピートの講演依頼もいただいております。ありがとうございます!

実際どんなことをどんな感じで話してるの?

YouTubeで『節ネット、デジタルデトックスチャンネル』運営しています!もともと、講演だと一回切りになってしまうため、生徒さんに「復習」の場所がネットでいつでもたどり着ける場にあるといいな、とはじめています。どうぞご覧ください。

講演ではこれだけでなく、私自身がかつてネットやゲームにはまって、どういうことを失敗だと思ったか、についても率直な思いを話しています。やはり「失敗談」は響くのかなと思います。

著書『節ネット、はじめました。』

禁ネットでなく「節」ネット!

  1. 「これを見よう」とか思ってなくても気づけばスマホを開いている
  2. いわゆる「釣り記事」などにうんざりしながら釣られてる
  3. あとからうんざりすることもあるのに見るのを辞められない!

そんな方に効く、今すぐできる、無理なく続けられる、節ネットの処方箋です。
お買い求めはこちらから。

講演依頼、お問い合わせはこちらから(問い合わせページにつながります)

このページはネット依存、デジタルデトックスの講演案内のページになります。私のライターとしての活動ページはこちらからどうぞ!