2018年 5月 の投稿一覧

「18禁」の定義って? 夜は寝床でフウフウフウ、R-18同人誌を頒布する!

書きました!久々、同人活動レポートです。

過去の同人活動レポートはここから

かれこれオフ同人も3年目。


前も上記記事をディスった記憶がありますが
上のtogetterの趣旨「最近の同人活動は敷居上がりすぎてつらたん」には、私は真っ向反対の立場です。
私は最近の同人活動だから参入できた。
(1)同人誌の表紙とか全部mediban(フリーの画像編集ソフト。優秀)で作ってる(これに限らず、何かとタダで合法に発表したり作れたりできる)
(2)少部数印刷ができるようになった
(3)「結婚したら引退」「いつまでもこんなことやってらんない」の風潮がなくなった

文句言うやつはどうなろうが結局文句言うんだよ、とタバコくゆらせながら言いたいね。かっくい~!!
私も、ダイソーさんが見たらすぐに「ザ・文句」棚に配置してしまうことが予想されるくらい、すぐ何かと文句言う方ですが
ことこの分野に関しては我ながらカッコいいんですよ。

しかしここまで書いて思うんですが、twitterや5ちゃんねる(ガールズちゃんねるなど類似サイトも)もそうなんですが
こういう本音と感情とパッションが短文で行き交うサイトって、楽しいんですが見てると確実に性格悪くなりますね。
私の上の段落も性格悪いな。

でもほんと、いちネットユーザーである私は
「世の中にはもっと高潔なことがある(これだからネット民は)」と
「もとの濁りの田沼恋しき(行儀のいいことばかりじゃやってらんない、ネットのゲスさやあけすけなところにほっとする)」
という間を私は行ったり来たりしてますよ。矛盾の中を漂ってます。
自分の中で、ネットの誰かの意見に反論とかしたくなったらちょっとネットに毒されてんなのシグナルです。

だからそろそろちょっとチーム高潔の方に体重をより乗せねば。

【お店には現代病理が詰まってる】万引きGメンとクレーマー対応のプロが語る

どちらも私が書いたんじゃないですが、とても面白かったので忘備録までに。

◆万引きGメン編


しかしGメンが顔出して大丈夫なんでしょうか。
高齢Gメン「ステルス」も絶賛活動中とあり、結構本気で老後チャレンジしたい。

◆クレーマー対策編

私自身店員として働いていたことがあるんですが、へんな人ってほんといる。
高額なものを扱う店舗だとこういうクレーマーはいないのだろうかと、某著名大手百貨店で店員をしている人に聞いたら「全然いるよ~、たいへんよ~」とのことで。

イヤーなクレーマーがいたときに、その場にいたスタッフは大変だったね、休んできなよー、とやさしいんです。
ですが企業が企業として「ここから先はあんたはお客様でもなんでもなく、悪質なクレーマーだ」という一線を持たないから結局そうやって現場の人間がぐっとこらえるしかないんですよね。

よく、「接客のプロは受け流している」とか言う人いますが、接客経験のない人が適当なこと言ってたりするんですよね。
経験で慣れるところはあれど、多かれ少なかれ傷つきますよ。

一番悪いのは頭のおかしいクレーマーですが、それとどっこいどっこいで、現場にすべての苦労を投げる企業の態度もムカつきます。
毅然とできない企業の首脳部が、ちょっとしたクレーマーに自信を持たせ、花形クレーマーに成長させているという面は絶対ある。

GDPが映さぬ15兆円 ネットの恩恵「無料の豊かさ」


以前取材でお話を伺った国際大学グローバル・コミュニケーション・センター山口真一さんの発表より。
思えば私が中学のころには存在すらしていなかった多くの無料の豊かさがありますが
でも、タダのツケはどこかで、なんらかの形で支払っているわけで、どんな形でそれは表れてくるんでしょう。
GDPはもう空白になっていますが。

以前の取材記事のテーマは「炎上」でした。

タダのツケを満喫する一方で「あえておひねりを出す」というサービスが一部好調。


自分が中学生くらい(今の中学生には信じられないでしょうが、20年前はCDを3000円出して買っていた)のころを思うと、やっぱり10代~20代って「お金を使う楽しさ」が一番ありますよね。

私自身も中学生のころ、どの音楽雑誌を買おう(これも今の中学生には信じられないでしょうが)、と本屋でいそいそしてました。
本質的なのは今も昔も変わってないんだと思う。
若い人のお金を使うことに対してのピュアで新鮮な喜びと、かなり底意地の悪い言い方をすればそれを食い物にする仕組みは昔も今もよくできているんでしょう。
今ってオタク趣味の引退の意識薄くなったから、若い人から金を巻き上げよう、の意識が大人のオタクに全然通用するため、昔よりずっと、もっと、太く強い市場です。

しかしこの
「3000円で音楽のアルバムを買って、そのバンドのインタビューの乗っている音楽雑誌のうち、どれを買おうか本屋で悩む」。
私が20年以上前にしていたことですが、
・3000円で音楽のアルバムを買う=>音楽のタダ化。ライブで稼ぐ時代に
・音楽雑誌がふんだんにある=>書籍は地獄の時代へ。中でも雑誌の地獄っぷりは半端ない
・本屋が情報発信源=>情報発信源はネットへ。本屋も書籍と道連れで地獄の行軍が続く

時の流れが怖すぎる。

成城石井のチーズケーキに一人用サイズがついに出た!

成城石井を成城石井たらしめる看板メニュー、プレミアムチーズケーキは気になるけど、一人暮らしには容量がでかすぎて、と10年以上購入をためらっていました。
ためらいすぎ。

しかし先日成城石井に行ったら、一人前のカップサイズ版が売られていました。

成城石井さん、分かってますよ。
エゴサして私のサイトのこの記事の「成城石井のチーズケーキ、ちっちゃかったら食べるのに~」の声を見て、対応してくれたのだと。

期待に応えた成城石井さんと、それに財布で応える私の、絆JAPAN。
資本主義の理想郷。

でも食べてみたらちょっと甘かった。
しかし言わせて欲しい。これは成城石井が悪いんじゃないと。

私が甘党なわりに「うん、甘すぎなくておいしいね」とよく言う、「だったら甘いもん食わなきゃいいじゃねえか属」だからです。

感覚って人と比べようがないですが、おそらくたいていの人にとって成城石井のプレミアムチーズケーキは「ちょうどおいしい」だと思う。
そうじゃなきゃ店の看板商品になんてなれないだろうし。
チーズの部分にアーモンドとレーズンが「トッピング」程度じゃなく「ふんだんに」入っていてとってもリッチでした。

なお私的「甘すぎなくておいしい生菓子」はセブンイレブンのショートケーキと、あとは冒頭のリンク先でも触れている、成城石井パイセンで売られている新杵の白玉クリームぜんざいです。
あと超局地的ですが、横浜・伊勢佐木町ケーキ店『浜じまん(連ドラ『まれ』で出てきた)』の看板商品ボストンクリームパイは最高。
↑ほかおススメあったら教えてください。

新杵の白玉クリームぜんざいは「白玉、あんこ、クリーム」の三つから構成されますが、甘いのがあんこだけなんですね。
白玉は甘くなく、クリームも甘さかなり控えめ。
このクリームの甘さ控えめが、かなり攻めた甘さ控えめで、私が殿様ならよくぞここまで甘さを控えた、褒美をつかわす!って一万石くらいあげてる。

パフェや、和菓子でもあんみつやぜんざいは複数の要素で構成されていますが、
複数の構成要素がある場合、新杵の白玉クリームぜんざいにおける白玉だんごのような、「甘くないもの」も入っていて欲しいんですよ。「うん、甘すぎなくておいしいね」属は。
うっとうしいですね。

↓チーズケーキのこの心強いレーズンの配合ぶり、撮影用でしょ~?と思うことなかれ、ほんとぎっしりです。

私も含めた「うん、甘すぎなくておいしいネ」属は、いっそ、チーズケーキではなく、ちょっといい系の酒屋さんのおつまみコーナーにある「クリームチーズにレーズンなどのドライフルーツ混ぜたの」もいいですよ。

↑これおいしかった。こじんまりした見た目でチーズケーキ買うより高く感じるけど、とっても濃厚なので、一回かまぼこ一切れくらいで満足するから長く楽しめる。
砂糖なしだけどレーズンが甘いので、ほんとこのくらいの甘さがちょうどいい。
刻んだナッツ混ぜて食べると、超~リッチ。
なんかオシャンティーなバーとかでこのチーズかまぼこ一切れくらいと、くるみ4粒くらいおシャンティーにでっかい皿に置いて1200円くらい取りそう。

最近多い、チーズメーカーが出してる「チーズのパッケージに入った6つか8つ入りのチーズデザート」は、糖質制限の点でも注目されているために糖質低めで作られているものが多いんですが、それすら甘く感じる。だからほんと、「チーズにレーズン混ぜただけ」くらいがちょうどいい。
チーズとドライフルーツだけで作るときっとコストが高くなるから、あまり見かけないんだろうけど。