今、私の中で断捨離がアツい。
思えば年末に年賀状書くのいい加減めんどさいと思ったあたりから、やめる捨てるブームが到来ですよ。

ただ私「使えるものをただゴミとして捨てる」に精神的な苦痛を無茶苦茶感じるタイプなんですね。
ガガーリンが見た青い地球が頭をよぎるんです。ぼくの地球を守って。

なのでブランディアに出せるものはブランディアに出し、
メルカリに出せるものはメルカリに出すことにしました。
(いわゆるファストファッションはブランディアは受け付けていません)

今回メルカリ体験談です。

パートに行った方がよっぽど割に合うはずなのにメルカリってしまう理由

メルカリ、私はそこそこのお値段で出品しましたが、数百円で服を出品している人もとてもよくみかけます。

写真をとり出品手続きをして下手すりゃ値引き交渉にも及ばないといけないし、送料がかかりすぎない適切なサイズの段ボールを見つけ(これが結構大変)、梱包もしなきゃいけない。
数百円のものをいくつも出品している人を見て「パートに出た方が絶対稼げるのに、なんて経済的合理性のない行動なんだ」と、自分の経済的合理性のない数々の行動は華麗に棚にトスしつつ思いました。

ほんと、ネット上で見かける他人の行動の経済的合理性のなさって、「これが、俺に潜んでいた力だというのか……?」と己の手のひらを見つめてしまうほど、鮮明に分かりますよね。
この大いなる力は自分の経済的合理性のなさを見抜く際にはなぜかエンストします。

しかし、私もそうなんですが、フリマに出す人の気持ちの根っこにあるのは「小金が欲しい」もあるでしょうけど、それよりも本丸は「使えるものを捨てるのがイヤ」なんですよ。
真の動機は地球を守ることなんです。
そもそも「小金が欲しい」なら働いた方がよっぽど効率がいい。

でも、そもそも数回で使わなくなるものを買わなければ、もっとずっと地球にやさくできたはずだったね。

やってみてつくづく皆がメルカリ好きなの分かった気がする。

◆供給過剰時代が生み出した「処分したいけどまだ使えるもの捨てたくない」という面倒な欲望

◆不用品を売って小金を手に入れる喜び>>>>>>>>>>>>>>>>通常労働の喜び
→子育てをひと段落した主婦で「社会復帰したいけどレジ打ちはちょっと」みたいなこと抜かす人、雑誌やネットで見かけますが、「下品」って言葉の挿絵にしたいほど最高にフィットしてる。
心の中で何思おうが勝手だけど、匿名掲示板ならともかく、自分のアカウントや、ましてや写真や本名とすら紐づけられる状態でそれ言う~?って。
こういうとき「言うよね~」を使うのは合っているんでしょうか。

◆いまの私みたいに他人の経済的不合理性のある行動を見て「私ってかしこ~い!」って思いたい欲望
→でも、ほんとに賢ければ、他人の行動の経済的不合理を突いて喜ぶ時間で、自分の行動の経済的不合理を見直してるよね~

メルカリから現代社会の闇を感じました。
現代社会の闇をサービス設計に盛り込んだってところが神がかってる。作った人の頭が良すぎる。

メルカリのよかったところ

・私の出した商品の相性がよかったというのもありますが、人はとにかくよく来ます。
入札から二日待たずに落札されました。

・匿名配送ができる
→匿名配送ができるからメルカリにしたようなものです。
匿名配送とは、受け取る側も送る側もお互いの素性を知らせずにブツをやりとりできるサービスです。
楽天オークションなど一部法人のサービスで導入されています。

Pixivでも似たようなサービスがあり、記事書きました。
「盗み見しようと思えば分かる」レベルじゃなく、ほんとにさっぱりわからずに送れます。

メルカリの注意点

・手数料高い。売り上げの10%。
・さらに売上が1万円以下だと、振込手数料が210円かかる。
・出品者の写真のクオリティーに著しく差があり、見ていてテンションが上がらない
→私、個人間のアクセサリー売買ではCreemaがダントツ好きなんですが、Creemaはたいていの人が一所懸命撮ってるのが伝わってくるんですね。


可憐で清楚なるCreema、守ってあげたい

しかしメルカリは質というより量。
数が多いせいもあり、ほんと、汚い写真結構あります。
服のしわが全然直ってないとか、暗いとか。
今の人たちはスマホの撮影に命をかけてるはずなのにその情熱をなぜ金が絡む局面で使わないのだろう。
嫌な言葉ですけど、サイトやアプリやサービスにも「民度」ってあるなって思った。

・質問してくる人が多くてウザい
→これが楽しくってメルカリしてるという人はメルカリ及び個人間売買で成功できるタイプだと思う。

私ほんとイヤでしたね。
リアルフリマで安くなんないのって言われんのも塩まきたいくらい苦痛でしたし。

メルカリにも「値引き交渉には応じられません」とは事前に書いておいたので「そこをなんとか!」みたいに言ってくる人はいませんでしたが。
いたら「塩をまく」という機能がないか探していたでしょう。

購入した人も購入後に購入前に聞けばいいのにということをあれこれ聞いてきて、えーもう梱包したのに、もしかしてこの人、私の回答次第では購入キャンセルするわけ?とやきもきしました。
ここはこういう文化なんだろうか、と思ったら、ほんとにこんな文化なようです。


「購入していいですか?」……オマエの好きにしろよって、なんかこっちがイケメンみたいになっちゃうね。
人の心があまりに分からなすぎるとちょっと怖くなる。

・どうやら機能はPCよりアプリの方が充実している
→「フリマアプリメルカリ」だもんね。いよいよPCの方がおまけになる時代の到来だ!
スマホよりPC派なのでPCで全部作業しましたが、「人の評価の詳細を見る」は今アプリ版だけみたい。
パソコン版だと、「いい、普通、悪い」の数だけ見られて、その詳細が見られませんでした。

結論

売れたはいいけど面倒なのでもうやりたくない。

「当初捨てようとさえ思ってた、家で微妙に嫌な感じに場所を取っていた不用品がそこそこの金額になった」という結果だけ見ると最の高、ネオヒルズ族、選ばれし真の勝ち組のはずなんですが、もう、質問が多いのがとにかくめんどくさいんですよ。

『メルカリで稼ぐ!』みたいな本煮るほど出てますけど、手間だよ~、さらに手数料は高めだし。
「購入していいですか?」に塩をまけないし。何考えてるんだろう。「購入していいですか?」は。
メルカリに限らず、一部クラウドソーシングなどもそうですが、ネット系の儲け方ハウツーって「手間賃」のことなんも考えてないの多すぎる気がする。

ほんと現代の闇を絶妙にすくいとったサービスです。
サービス設計者は神か悪魔なんでしょう。
賢すぎるよ。

「忘れるな、モノを処分するというのはこんなに大変なことなんだ、金輪際考えずにモノ絶対買うなよファッキンタコ助野郎」と
自分に言い聞かせるための修行としてやったので、大成功といえば大成功なのですが。

今回のそもそもの動機