面白かったネットの記事。


質問箱サービスの中の人が暴露:「14万人以上が自作自演」。

このサービス使ってて自作自演してた14万人が今頃、布団をかぶって足をバタバタしていることでしょう。
殺しやがった……、社会的に殺しやがった。
なんという中の人の鬼っぷり。
一つのつぶやきで14万人殺しやがった。一騎当千どころじゃない。
敵に回したくない。

「質問箱」。
こういったサービスを全く知らない人に説明しようとすると、インタビューみたいなものです。
「読者の皆さんから頂いた質問に私が答えます」という体の。
その「読者からの質問」までも答える人が自作自演しちゃったわけですね。こんな風に。

Q:●●さんいつもすごい綺麗で憧れます!ファッションセンスもすごい素敵で、いつもどういうところでショッピングしているんですか?答えにくかったら無視していただいて構いませんので~m(。≧Д≦。)m突然の質問失礼しました!!!
A:よくセレクトショップで買っているからブランドとかよくわからないんです~。エストネーション好きだったんですが、最近ちょっとテイストが変わっちゃって残念、、六本木ヒルズ店のスタッフさんと結構仲良しだったりするwでも、結構プチプラ通販なんかも活用してます。今着てるのも頭からつま先まで1万円以内でしたww。案外しまむらーだったりもしますよ(笑)

これを質問から自作しちゃうわけなんだな。
オラ、ワクワクしてきたゾ~!

上記の「質問箱」サービスでは、質問文が手書きのような暖かみのあるフォントで記載されていました。(中の人は冷血ですが)
こんな↓

twitter上でこれらの質問文の暖かみのあるフォントのキャプチャーを貼り、「質問ありがとうございます!え~っとですね……、」って答えてる人よく見たんですが上記報道以降、これらの過去投稿が恐ろしいほどに粛清されてた。

でも自作じゃない質問をもらった人だって中にはいたろうに、消すとかえって「消すってことはやっぱり自演……、恐ろしい子……」って思われるだろうし、残したところで「消すと自演だって言われるから残してる……、恐ろしい子……」と思われ、もう、どこにいっても死ぬしかない蟻地獄です。

特に私も所属しているオタク界隈は神と信者を生みやすいし、もともと語りたがる人多いから質問箱系サービス利用している人多く見かけます。
「あのねー、あのねー、」じゃなく、「聞かれたから答えてあげる」ってすごい気持ちいいよね。鼻の穴ふくらみまくり。
ネットが増殖させた足をとらわれると危険な感情のひとつです。

今回の14万人の方はほんと心中察するに余りあり言葉もありませんし、運営の中の人は鬼の所業でしたが、この一連の流れにおいて、単に「誰が悪いか」ということにとどまらず、「天井知らずの自意識過剰が生み出す弊害」を噛み締め、もって他山の石とすることが、後世を生きる我々の務めではないでしょうか。
誰も死んでないですが。