2016年 9月 の投稿一覧

夜スマホを見てると熟睡できないのには理由がある!

スマホ見ながら寝落ち、はこんなに危険!ブルーライトで眼病・睡眠障害・うつの恐れ
ライター仕事です!
ブルーライト=目に悪いもの、と勘違いしていないでしょうか?

時間帯によっては浴びたほうがいいものなんです。上手に付き合うためのコツを、坪田医師に聞いてきました。
かれこれ数年ブルーライトカットメガネ使っていますが手放せません。
ないとソワソワするくらい効果は劇的、目の疲れがまったく違います。

若者にとってもう2ちゃんねるは中年のサービスだった

ライター仕事です。
ネット黎明期からネットウォッチを続け「釣り師」に関する著作も書かれているHagexさんにお話を伺いました。

前編
Yahoo!知恵袋の相談内容はコピペばかり?悪意のある釣りタイトルはこうやってつくられる

後編
「孫ができた」…2ちゃんはもはや初老の巣窟?ネットのケンカで絶対に勝つ方法

原稿後半のネットケンカ必勝法、ネットケンカに限らず人と揉めたときに使えるテクニックが満載です。
「人とケンカなんてしないし」というおっとり穏やかな人にこそ読んでほしい。
ケンカを厭わない、ケンカ上等な人は場数を踏んでいるからケンカが上手です。
そういう人が絡んだトラブルに巻き込まれたときに、穏やかな人はどう対抗すべきか?
専守防衛としての武力、抜かない刀は穏やかな人にこそ必要です。

30代後半:歌の歌詞を理解するようになる

年をとると歌の歌詞の意味がわかるようになるとは聞いていたのでわくわくしていたのですが、この間カラオケで大黒摩季の歌が沁みに沁みて驚きました。これ10、20代のころは節がいいよね、声がいいよね、くらいの気持ちで歌ってた。今まで何を歌っていたんだ、大黒先生ごめんなさいというくらいガツンと来ます。

逆に10代のころ号泣したり、大好きだった漫画や小説で、なぜこれに、そこまで、と不思議になったりもしてこれは成熟した、と年をとった側としては思いたいものの、そのときの感覚を失っただけなのでしょう。優劣の問題でなく。

あと最近STARTING OVERとChange the worldがいい曲だと思うようになりました。昔はむしろこの二曲は積極的に嫌いでした。前者は暗いと思いましたし、後者は優等生的な、教科書的な上手さが気に食いませんでした。かつて気に食わなかったそこが今はいいと思う。

自分の中の未知。あと20年くらいしたら歌舞伎とかいけるようになるのか。
今は歌舞伎のなにがいいんだかさっぱりわかりません。この感覚をちゃんとひかえておきます。

「気圧低い=頭痛くなる」は本当か、頭痛専門のお医者さんに聞いてみた

ライター仕事です。

富士通クリニック頭痛外来の五十嵐久佳医師にお話を伺ってきました。
私は小学生のころからの筋金入りの頭痛持ちで、頭痛は当たり前のものという認識でしたが、頭痛がまったくない人もいると伺い衝撃です。
その後会う人会う人に聞くと、頭痛ってよくわかんな~い、という人が結構いて驚きました。

頭痛持ちは病院に行くべきか、薬の飲み方など、全頭痛持ちの人生を照らすインタビュー。全頭痛持ち必見。ちなみに片頭痛が日本だと正しい表記。中国だと偏頭痛なんだって。へぇ~

PMSと頭痛の関係に迫った前編
気圧と頭痛や酒と頭痛の関係に迫った後編

ソフトワキガの方いますか

残暑の見せた幻だったのかもしれませんが
ネットで「ソフトワキガの人いませんか」という吸引力高めのタイトルを見つけました。
今もう一度ググってみたのですが見つからず、やっぱり残暑の幻だったのか。

「ソフトワキガの方いますか」

待ってくれよと。
ワキガを判断するのは
所有者でなく、会社のデスクの隣などその匂いを嗅がざる半径にいざるを得ない不運な周囲の人では。

自称・ソフトワキガの人が周囲にしてみたら
全然ソフトなんてもんじゃなく
超ハード、バリカタ、粉落としレベルだったら……。

「ぽっちゃり」も「ソフトデブ」にすると、図々しさが増します。
必要に応じて使ってみよう。ソフト口臭とか。

映画『柳生一族の陰謀』感想。日本史に疎い人は『へうげもの』読んでから見るといい

無茶苦茶面白かったです。

歴史ものなのに説明的な描写がないのがかっこいい。
登場人物が多いので、誰がどっちサイドなのか開始30分で頭の中がまろはおじゃる丸でおじゃる状態になるもののそんな状態でも面白いという。その混沌が段々見ていくうちに自然に収束されていく気持ちよさ。(人がよく死んで減っていくというのもありますが)

わかりにくくしているとはまったく違う、きっちり観客を信頼している感じ。歴史オタだろうが地理選択者だろうが面白い。歴史ものの名作はバッググラウンドを知っていたら面白さ5割り増しだけれど知らなくたって面白い、ついていける。

あと子供が殺されるとこ描いてるのいいと思った。フィクションの世界において、女子供は守られるみたいな自主規制なのかポリシーなのか、それがないというだけでもうかなりイケ映画です。

誰も死なないよ、大丈夫だよ、みたいなものが死ぬ可能性のあるようなフィクションの世界で匂わせられるとがっかりします。フィクションっていい死に方を見たいというのもある。やたら死ぬのもアレですが。

pixivで人気を得るために必要なこと

ライター仕事です。

ランカーはマメに大作を投稿していた!ウサ耳がギンギンに立つpixiv必勝法

ライター仕事です。題材はニッチな世界ではありますが、
「量が質に転化する」という普遍的な結論になっていて幅広い人に読んでほしい。
「一球入魂」と「まず塁に出る」はどちらが正解なのかわからないし、
この間を取るのが大事なんだろうけど、達人になってから戦場に出るなんて
気の長ぇ話だなみたいなことをベルセルクでガッツも言ってた気がする。