住民が選ぶ横浜のうまい店(伊勢佐木町/元町。ごはんからスイーツまで)

ジモティならではの、横浜・普段使い価格の良店を紹介します。

なお横浜には、食べログの評価は高くとも、客から来たクレームの手紙(この手紙もなんかヒステリックだったけど)を名前も消さずに壁に貼り付けているすごい店があります。

こんなの見ながら食べる飯なんておいしくない。

こんな店食べログで誉めそやす方もどうかしてるよ。早くレビューサイトはレビュワーのレビューを導入してほしい。

以下のお店は価格、接客、味、三方よし子さんです。

スイーツ部門

↓東京にもありますが元町が本店のベーカリー、ポンパドウルは最高。↓

ちょい高だけど、びっくりするほど高くはない。そしてバゲットのフレンチトーストがも~、んも~!ってくらいおいしい。

↓こちらも元町が本店の喜久家↓

クラシックなホームページがカワイイ。お店もホームページ同様クラシックできちっとした可愛さがたまらない。昔の可愛さって清楚だよね……。

名物はラムボールで、びりっとラムが効いてます。横浜駅の相鉄ジョイナスでも買える。

↓元町から少し離れ伊勢佐木町、阪東橋方面の「浜志゛まん」はまじまん。↓

このグーグル検索時代にこのような名前で引っかかってくれるのかと心配になるものの創業は大正2年の100歳越えの横浜洋菓子界の重鎮です。グーグルがこっちにあわせろってんだよな?

名物はボストンクリームパイ。クリームたっぷりの甘そうな見た目なのに甘さ控えめなのが最高。

私は甘党のくせに「甘すぎなくておいしいね」とよく言う「だったら甘いもの食わなきゃいいじゃねえか属」ですが、そんな人待望のおやつです。大きいのと、一人分の小さいのがある。

おそば部門

↓横浜のチェーン系お蕎麦屋さん、その名も味奈登庵(みなとあん)↓

観光スポットで言うと館内駅周辺に数店舗。あとみなとみらいのビル群にもある。

ここ何がすごいって、富士そば価格で、てんぷらがあげたてなんです。

暖かいおそばにかいわれが合うというのもここで知りました。

中華部門

中華街を代表する高級店、聘珍楼も一度お食事券をもらい行ったことある。

そらあもう夢のようにうまかったよ。野菜と海鮮炒めのアスパラ一つとっても、こんなアスパラ食べたことないってくらい炒め方が最高でみずみずしかったです。こう料理されたアスパラは本望だったことでしょう。当然接客も最高でした。でもまあ、これはハレの別枠でしょう。

聘珍楼は夢の世界でしたが、中華街は正直おいしくない店も多いし、そのくせ高いとこ多いし、作り置きで冷めた料理が出てきたことすらある。食べログの評価ほんとアテにならない。

↓普段行ける価格で、中華街でちゃんとおいしい、を挙げるなら山東。↓

価格と味のバランスがとてもいい!何食べてもうまいです。餃子は皮ぽってりもっちり系。

ただし普通ともいえる値段で量が非常に多い。中華料理って本来そうらしいね。

なので頼むときはものすごく慎重に頼んだ方がいいと思うし、一人ではいかない方がいいと思う。

↓刀削麺のおすすめは華隆餐館↓

ここは中華街じゃなく伊勢佐木町(上で紹介した「浜志゛まん」方面)。

牛肉の刀削麺が好き。ビラビラ感が楽しい刀削麺がトンコツっぽいような白いスープとからんで、きくらげがコリコリしてて、上に乗ってる牛肉はスタンダードな中華風というより、ちょっとスパイシーな味付けで、日本人受けというより本場感があって……。

食べたくなってきた……。

アイキャッチ画像は横浜の風景のフリー画像を提供するはまの景さんから。

関連記事

コメントを残す