現実生活でうまくいっていない人ほど、他人のコンプレックスを刺激する!

書きました!
『自分のすごさを匂わせてくる人』(サンマーク出版)著者であり心理学博士の榎本博明さんインタビュー第四弾(最終回)です。

匂わせがやめられない人(こういうタイプは自覚がなさそうですが)、他人の匂わせにいつもイラっとしてる人に教えちゃう。

とっておきの解決策があります。

10秒でできます。そいつミュートかブロックすればいいんですよ。

しかしわかりますよ。わかってる、でもできないっ!っていう気持ちも。

ネットの、この、「臭いもののフタを、臭いとわかっていながら開けてクンクン嗅いでしまう」感覚って楽しいんですけどね。意識高い系学生とか謎のいい女風アカウント(本人の写真なし)とか。わかるよ、その楽しさ。

でも私、自分のアカウントだとこういう人フォローしないで、こういった珍味はTogetterで、自宅のリビングでロックグラスをゆらしながら味わう派なんです。だから「ムカつくけどついフォロー」はわからない。

いくら発言が香ばしい人だっていつもそうスモーキーな風味を出してくれるかわからないじゃない。見るならベストが見たい。

案外人と話すと自分のネットの使いかたを見直せていいものですよ。

しかし意識高い系20代会社員のイキリアカウントを追うのが楽しみで、となかなか人に言いづらい人のために本書いてます。電子書籍もあるよ。

関連記事