2015年 12月 の投稿一覧

2005年ころ「萌え」は主にオタクしか使ってなかった

2005年ころ、何のシチュエーションか忘れたのですが、オタッ気の薄い友人が
「あれでしょ、これがあれでしょ?「萌え」ってやつなんでしょ?」と言っていたことがあったのですが
そう考えると今ではかなりの人が知っている「萌え」は言葉として強かったんだなと思います。
そのころ電車男がドラマになっていましたが
伊東美咲が「萌え?」と意味を知らないままつぶやかされ、
ねらー達がその様子に大興奮、というシーンを覚えています。

「萌え」強いな。

これは発祥はオタクというより若者用語ですが「おこ」と「激おこ」は
かわいい語感のわりに、イライラしている自分をうまく律して、
さらにそんな自分を笑う大人っぽさもある美しい言葉だと思います。
「萌え」まではいかんでも生き残ってほしいと思っているのですが
苦戦を強いられてる気がします。がんばれ、「おこ」。

歳末自分感謝祭で今ひとりリッツパーティーwithシードル。極楽じゃ。
ほか、感謝祭の一環では、「料理のとききちんと料理の本や番組を見て作る」もやってみました。
白菜はクタクタに煮たらおいしくないものかと勝手に思い込んでましたが、
料理番組のとおりクタクタに煮てみたらぜんぜん旨かった。

基本継続でいく所存です。
仕事と両立できることが一ヶ月やってよくわかりました。

それでは来年もよろしくどうぞ。

歳末自分感謝祭⑤

食、文化だけでなく歳末自分感謝祭には体育の時間もあります。
自分の体に運動で感謝する。

「体動かすと気持ちいいよねー」という日がまさか自分に来るとは。
学生のころは動くくらいなら死んでやるというくらい体育が大嫌いでしたが、
今、自宅仕事で外にまったくでないまま一日が進むと
夕方には足はむくみ、気分はぐずつき、と体と心がSOSをあげてきます。
そんなとき体をちょっと動かすだけですごく爽快。
世の中の会社は2時間おきに体操タイムを設けたほうがいいと思う。

一度トランポリン体験教室にいったときに、
「飛んだり跳ねたり」をしているとほんとに楽しくなってきて
楽しい→飛んだり跳ねたり ではなく
飛んだり跳ねたり→楽しい のアプローチがあるのかと目からうろこでした。
トランポリンの先生も欝にもいい、と話していました。
結構な運動量で、ダイエットにもよさそうです。

ほんとに気分爽快だったので
一人用トランポリン購入(大きめのクッションくらいのがある)の誘惑に今も駆られますが
今の家天井低めなので頭刺さるんじゃないかと踏み切れません。

トランポリンに近いドーパミン、ドバー!うっひょー!を与えてくれるのがダンスです。
そんなわけで
鞘師里保のキレッキレのダンスにあわせて踊っています。
今の女の子は女の子のためのかっこいいアイドルがいていいですね。

鞘師里保は数人グラデーションをおくと羽生結弦になると思う。

歳末自分感謝祭④

歳末自分感謝祭は何もうまいものを食うばかりではなく文化祭も開催です。

そんなわけで『マッドマックス 怒りのデス・ロード』見ました。
北斗の拳が実写で動いてる、ってある時期にジャンプ読んでた人は絶対感動します。

こんなときに、え、北斗の拳のほうがマッドマックスより新しかった…よね?と
不安な気持ちをすぐ解消でき、そんなことも微塵も出さずに
ま、北斗の拳のほうが新しいんですけどね!と訳知り顔で言えるのが
ネットのいいところですが
その点、人の感想を読んでいるうちに自分が感じた気持ちがどんどん上書きされて
すっぽり忘れていってしまうのが、ネットの最高にいけないところです。

だから感想は見ないで、今の、生のままの気持ちを伝えたい。
以下、軽度ですがネタばれあり

・あのギター弾いてる人超楽しそう
・世紀末世界にロックが似合う
・世紀末世界に荒野が似合う
・マックスよりずっとシャーリーズセロンの方がかっこよかった。活躍もあるけど、もともとシャーリーズセロンは背景や理由をちらっと見せているのに対し、マックスの方は結局どういう人なのかわかんないただの風来坊なのがあまりぱっとしない理由だと思った
・荒野の北斗の拳的価値観の場所に子作り隊のひらひらの薄い衣装がエロかった
・子作り隊はタイプの違う美女、美少女をそろえていてそこもよかった
・乳搾り隊など、要所要所のグロテスク感がとてもよかった。グロテスク大事
・内容はこれといってなかったが、内容をもとめるタイプの話でもないとも思った
・スケールはとにかくでかかった。ちゃちいな、とかそういうのは一切ない、安心のお金かかった感。ザッツハリウッド

歳末自分感謝祭③

歳末自分感謝祭について、
「(自分も)些細な手間を惜しんで自ら生活の質を下げていた」という友人の一言に膝を打つ思いでした。

暮らしの質を上げることや豊かな暮らしって、
お金を出すことなんかより、手間の問題だったりする。
些細な手間を毎日継続できるか。毎日。
私は特定の宗教を信じていませんがこれは信仰に似ている気がする。

「朝起きて着たいと思っていたお気に入りの服は洗濯かごにあり、
なんで昨日のうちに洗濯しとかなかったんだろう昨日天気よかったのにと死にたくなり
別な候補として選んだ服にあわせるべきタイツも洗濯かごにあり死にたくなり、
夜お茶を飲んでいたコップの中だけすすいで新しくお茶を入れ、
コップのふちは当然汚れていて軽く死にたくなり、
家を出ようとしたら鍵をいつも置いておく場所に入れておらず
部屋中ひっちゃかめっちゃかかきまわして死にたくなり、
それでもなんとか電車に乗ったらハンカチとちり紙を入れ忘れたことに気づいて死にたくなり、
化粧ポーチを見たら家に大量にあるのにリップクリームを入れ忘れていて死にたくなり、
帰宅後、朝鍵を探すときにひっちゃかめっちゃかかきまわした部屋を見て死にたくなり、
トイレットペーパーと風呂用洗剤がきれていたことをすっかり忘れていて死にたくなる」
ということのない暮らし。wanna dieのない暮らし。

要は段取り力と掃除力なんだね。
うん、小さいころから苦手でないがしろにしてきたものにはやっぱり復讐されるんだよ。

歳末自分感謝祭②

昨日からはじめた歳末自分感謝祭。
今日はロータスのビスケット食いました。

はじめてロータスのビスケットを食べたのは代官山か下北沢の美容室でした。
代官山と下北沢はわりと近所ですが街のカラーは全然違います。
この二つの街の違いがさっぱりわからなかったころということですから、たぶんまだ物心つかない、上京したての学生くらいのころにわざわざ街のちょっと有名な美容院まで行って髪を切ったんだと思います。

背伸びしちゃってかわいいな昔の自分。
そのときにお茶とともに出てきたロータスに都会では髪を切ると茶と茶菓子が出るのかとしびれたものです。

海外のお土産のお菓子を食べると、日本って菓子先進国だな、日本に生まれてよかったと思うんですが
以下三つがある限り、海外お菓子リスペクトの火は決して消えることなどありません。
・ロータス
・グアムとかで買えるガーリックの効いたマカデミアナッツ
・ナチョ
この三つは、日本からは生まれない味だと思う。

ロータスとナチョはここ数年で一気に買えるお店が増えた気がする。

ミルキーがママの味ならロータスはアダルトな味です。ハードボイルド。
ナチョとの共通点はしっかり硬いとこ。
ロータスは個別包装でないものもあるので間違って買わないように。あの硬さが湿気ては台無しです。

しかし昨日(カレーのお肉を薄切り肉でなくころころした肉に変更)といい、昨日も今日も500円あればできることを、なにをためらっていたのかと。
このアクセルを踏んでるどきどき感。500円で。

歳末自分感謝祭①

麻婆豆腐調理中→一人暮らし物件の狭い台所、手がすべり床に全部ぶちまける→叫ぶ→上澄みだけでも、とすくって食べてみる→腹を壊す
今このプロセスを経て思うのは、もしこの麻婆豆腐が友達に出す料理だったらためらいなくすべて捨てただろう、ということです。
未亜、自分を粗末にしないで…、あんた落とした麻婆豆腐、友達に食わせないでしょ…と。

そんなわけで歳末自分感謝月間はじめました。
コンセプトは「友達のように自分を扱う」。

私がもし私の友達なら落とした麻婆豆腐食わせるかと。
床にものが放置された部屋に案内するかと。
友達に出すおにぎりを明日作るなら、今日海苔を使ったとき、
海苔のチャック(凹凸をピーっとしめあわせるやつ)を、おざなりに閉めないだろうと。
チーズをのっけるクラッカーをケチって100円ショップの海外製のクラッカーを買い案の定しけっててまずくて食べられない、みたいなへまをするかと。
これが友達相手なら、最低でもリッツにしたはずです。
ごめん、リッツならあるんだけどさぁ(笑)とか言いながら。リッツしかしらないくせにな。リッツ好きなのにな。

今年もまあ一年、ぼちぼちがんばりましたので
年末、自分を友達クラスにもてなしてやろうと思います。
ようこそ自分!もてなすのももてなされるのも自分だけど!

今日の自分感謝:カレーの肉を薄切り肉でなくころころしたカレー肉に変更。

2015、今年もよくやったぜ自分。愛してるぜ自分。
紅茶もちゃんとカップあっためてから入れました。きちんと入れるとちゃんと紅いお茶になるね。
愛してる、自分。