漫画に出てくる中で最も「付き合いたい」かつ「結婚したい」と思った男

こうの史代さんの漫画『夕凪の街、桜の国』は時を越えても残り続けるに違いない名作ですが、ふと、あー、読み返したい!となるのは『長い道』です。

初めて『長い道』を読み、壮介を見てなぜ私の理想のタイプの男性がこうも完全に再現されているのか?と驚いたものですが数年ぶりに読んでもゆるぎません。

「付き合いたい」だけでなく「結婚したい」も両立されているところに強度を感じて欲しい。

陽気で、面倒くさいところがないとこが最高だ。

ちなみに虹村億泰も同じ理由で好きだ。

関連記事

コメントを残す