初めての方向け10記事

神絵師が陽キャオタノリに挑戦しており手に汗握り見守っている

オタクを今日も生かしてくれるのは神絵師の存在あってこそ。そんな神絵師が私にもおり、生きる支えです。

その神絵師のうちの一人が、最近「Twitterにおける陽キャオタのノリをやりたい」と果敢に挑戦しており「はじめてのおつかい」でたどだどしく歩く我が子を見る親の心境です。

「真の陽キャのオタクノリ」は読者も幸せにする

オタクノリって、寒かったり痛々しかったり、それどころかもう眉を顰めるような「イケてないオタノリ(イキリオタは100%ここ)」の方がよっぽど多いけど、それらに該当しない、さわやかな陽キャのオタノリってほんと見てて気持ちいい。

陽気で、その陽気さに無理がなく。上機嫌で。

自分の機嫌を取れる人が大人であり、明るさって大人っぽさだよなとみてるこっちがうれしくなるような。この人が家族や同僚だったら楽しいだろうなと目を細めてしまうような。

オタ界において「自ジャンルにいい陽キャオタがいる」って人は神に感謝した方がいい。陽キャオタはUMA並みにいないから。

でも陽キャ系オタクは「つぶやき」が最高傑作になっているケースが多い【超問題発言】

私の神絵師は絵も漫画もとにかく最高だけど「陽キャなつぶやき」はたぶん無理な人なんですよ。

逆に、これ問題発言だと思うけど陽キャでつぶやき冴えてる人って、実際の同人誌などの作品を見ると「あっ、つぶやきが最高傑作だったんだな」というタイプが多い。なんという問題発言なんだ(そもそもつぶやきが冴えまくっているため、同人誌を読む前のハードルが棒高跳びくらいになってる、って不利さが大きいと思うけど)。

一方、実作品がすごい人たちはtwitterを見る限り「①あんまりつぶやかない」か「②どうでもいいことをつぶやく」か「③面倒臭さを大なり小なり感じる(フォローしない方がいい)」が多いんですね。

で、残念ながら特に③が多いんだ。すごいこの人つぶやきの9割が文句と愚痴でしかも一日のつぶやき数がめちゃんこ多い……!と。

たぶん「実作品すごい」系は陰キャが多い。今日のアタイは問題発言が続いてる。

「陽キャ」「陰キャ」の定義が人によってずれそうなので補足しとくと、私にとって、選ばれし「陽キャ」は人口の1%もおらず、残りの99%は大なり小なり陰キャだと思うのでむしろ陰キャは平常運転。

陽キャはその存在自体がSSRでアイドルであり、世界を照らすひかりなんです。機嫌の良さという奇跡。

それに先ほど陽キャオタは同人誌よりつぶやきがイケてると超絶問題発言をしましたが、そもそも陽キャのつぶやきはそれ一つ一つが作品。最高の作品が同人誌なのかつぶやきなのかの違いであり、見ている人を最高な気分にさせるコンテンツを提供しているという点で、陽キャオタと神陰キャ同人作家はともに同人界の中では押しも押されぬ選ばれし銀のスプーンを持った超絶勝ち組であり、札束風呂でダブルピースしていい。

陽キャじゃない好きな人の陽キャノリを見たときに、人はどうすればいいのか

そして先ほどの私の陽キャキャラに挑戦してる神の話に戻るんですが、これがどうも苦しいわけです。

神、陽キャノリやりたかったんだな……って。ちょっとネットスラングっぽいこと言いたかったんだな……って。

あれだけ素晴らしい絵や漫画を描くのだから客観性が優れているのだとばかり思っていたものの、逆にそういう陽キャノリに憧れてしまう神の人間味にあらたな魅力を感じ萌え、と愛は揺らぐことがありません。

でも陽キャノリって後天的に身につくんだろうか

でも陽キャな人って実際の知り合いでもネットでしか知らない人見ても、子供のころからこうだったんだろうな、って人が多い。

そういう天賦の才っぽいとこも残酷で最高。

後天的に、スキルで身につくもんなんだろうか。あったらノウハウ教えてほしい。なりたい、陽キャ。かっこいいんだもん。