初めての方向け10記事

神絵師が、twitterの陽キャオタノリに挑戦しており手に汗握り見守っている

オタクを今日も生かしてくれるのは神絵師の存在あってこそ。そんな神絵師が私にもおり、生きる支えです。

その神絵師のうちの一人が、最近「Twitterにおける陽キャオタのノリをやりたい」と思われ果敢に挑戦されていて、今もう気分は「はじめてのおつかい」でたどだどしく歩く我が子を見る親の心境です。

「真の陽キャのオタクノリ」は読者も幸せにする

オタクノリって、イケてなかったり痛々しかったり、それどころかもう眉を顰めるようなオタクノリもあるじゃないですか。

でもそれらに該当しない、ほんとにさわやかな陽キャのオタノリってほんと見てて気持ちいいんですよね。

陽気で、その陽気さに無理がなく。上機嫌で。

明るさって大人っぽさだよなぁとみてるこっちがうれしくなるような。この人が家族や同僚だったら日々が楽しいだろうなあと目を細めてしまうような。

オタ界において「つぶやきからにじみでる知性とその陽キャぶりが最高」って人がいるジャンルは幸福です。

でも陽キャ系オタクは「つぶやき」が最高傑作になっているケースが多い【超問題発言】

で、最初の私の大好きな神絵師は絵も漫画もとにかく最高なんですけど、「陽キャなつぶやき」はたぶん無理なんですよ。日常のつぶやきや絵を見る限り、自身の持つ静けさがこまやかな観察眼となりそれが神絵、神漫画へと昇華されてるタイプなんです。

逆に、これ問題発言だと思うんですが、陽キャでつぶやき冴えてる人って、実際の同人誌などの作品もつぶやき同様冴えまくってる!ってなるケースが正直あまりない。つぶやきが最高傑作だったんだな、というタイプが多いんです。問題発言だ~(なまじつぶやきが冴えているため同人誌を読む前のハードルが棒高跳びくらいになってる、っていう不利さもあると思いますが)。

一方、実作品がすごい人たちはtwitterを見る限り「あんまりつぶやかない」か「どうっていいことをつぶやく」か「面倒臭さを大なり小なり感じる(フォローしない方がいい)」が多いんですね。ギャグ神のtwitterを見たら政治に文句が多い方だったときの衝撃。

たぶん、「実作品すごい」系は陰キャが多いんですよ。今日のアタイは問題発言が続いてる。

たぶん「陰キャ」の定義が人によってずれそうなので補足しとくと、私にとって、明るさのある選ばれし「陽キャ」は人口の1%もおらず、残りの99%は大なり小なり陰キャだと思うのでむしろ陰キャは平常運転なんですよ。

つまり陽キャはその存在自体がSSRでアイドルであり、世界を照らすひかりなんです。機嫌の良さという奇跡。

それに最高の作品が漫画や絵なのかtwitterのつぶやきなのかの違いであり、最高なコンテンツを提供しているという点でもう同人界の中ではハンカチキー!とされる押しも押されぬ勝ち組であり札束風呂でダブルピースなんです。

陽キャじゃない好きな人の陽キャノリを見たときに、人はどうすればいいのか

そして先ほどの神が挑戦している陽キャ系つぶやきに戻るんですが、どうも苦しいわけです。

神、陽キャノリやりたかったんだな……って。ちょっとネットスラングっぽいこと言いたかったんだな……って。

あれだけ素晴らしい漫画を描くのだから客観性が優れているのだとばかり思っていたものの、その客観性は360度ではなかったのだと、逆にそういう陽キャノリに憧れてしまう神の人間味にあらたな魅力を感じ萌え、と愛は揺らぐことがありません。

でも陽キャノリって後天的に身につくんだろうか

でも陽キャな人って実際の知り合いでもネットでしか知らない人見ても、子供のころからこうだったんだろうな、って感じるんですよ。そういう天賦の才っぽいとこも残酷で最高ですね。だから後天的に、スキルで身につくもんなんでしょうか。

絵が感動的にうまくなっていった人ってたまにいてほんと感動しますけど、後天的に陽キャを身に着けるってできるんでしょうか。不可逆であり、一度自分が陰キャだと気づいたら戻れないもんだとばかり思うんですが。

あったらノウハウ教えてほしい。なりたい、陽キャ。かっこいいんだもん。