初めての方向け10記事

ネクタイをしない、スーツを着ない「ラフなビジネスファッション」は逆境に弱い

スーツに代表されるビジネスファッションで派手すぎるのは勧めません。

昨今だと、スーツを着ない社長やネクタイをしないビジネスマンも増えてきましたが。

そういう派手だったり、ラフなビジネスファッションは好調時はいいんですが、逆風に弱い。チャラチャラしやがって、になるんですね。

人生万事が追い風なわけないですよ。

普段チャラチャラ派の人は(あまりすすめないけど)せめてやらかしたときのために、「喪」なおとなしいつつましやかなスーツも用意しておくべきだと思います。

それでも落差がありすぎてあれこれ言われそうですが。だからあんまり派手はお勧めしない。

そんな、派手さは逆境に弱い、という好例です。

原稿前半部でも触れましたが、でも山根会長は派手色似合いますね。

「年を取ったら地味色や渋い色が似合う」って嘘ですよ。そうするとかえって老け込む人もいます。

正しいスーツファッションはこちらから。

関連記事