初めての方向け10記事

低糖質、高たんぱく食でダイエットとイライラ解消に励む連載はじまりました。

マイナビBiz
テレワークで太らない、イライラしないための食生活入門①低糖質高たんぱく生活とは? | マイナビBiz
テレワークによる運動不足、コロナウイルスによる先の見えない生活が続くいま、多く共通する意見は「たんぱく質(肉、魚、卵、豆等)はたっぷり摂りましょう。糖質(米、麺類、パンなどの主食、お菓子、果物、芋...

運動不足になったりイライラしがちな巣ごもり、テレワーク生活。

高たんぱく、低糖質食生活で快適に過ごそうという『テレワークで太らない!イライラしないための食生活入門』連載始まりました!

主食の意識が強い日本人は一日に300グラム(マックでコーヒー頼んだ時もらうスティックシュガー100本分)の糖質を取っているといわれています(おにぎりや菓子パンひとつが大体50グラムの糖質)。一方で、体重のグラム数は必要と言われる(体重50キロなら50グラム)たんぱく質は不足しがち。

糖質制限はダイエットにいい、はわりと知られてますが、「高たんぱく生活は心のトラブルにも効く」も最近注目されており、このことを説いた『うつ消しごはん』や『まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう』などの書籍もヒットしています(この二冊はそれぞれ著者は別の医師です)

ただ私自身甘いものも麺類も大好きだし、厳密にやったら挫折するだろうから、「ゆるくのんびり」をキーワードに続けていきます。