初めての方向け10記事

キムタクはなぜ「何を演っても木村拓哉」なのか? 演技指導者に聞く!

「物事が“ヘタ”なとき、そこにはパターンや規則があるのではないか? そのパターンを知ればウマくなる手助けになるのではないか?」

この仮説のもとさまざまな分野の専門家の方にお話しを伺う連載「ヘタの研究」。

今回のテーマは「演技」。「何を演っても木村拓哉」はなぜそうなるのか?『人前で変に緊張しなくなるすごい方法』(アスコム)の著者でありアイゼ演技ワークショップで演劇指導を行う伊藤丈恭さんに伺っています。

キムタクもでも取手君はかっこよかったよ。前世紀エヴァンゲリオン。

過去の「ヘタの研究」はこちらからどうぞ。

関連記事