アルパカワインがワンコインで仕事をしすぎる。カラダカルピスで割るの最強

ビール飲んで震えだすと冬が来たなって、ビール飲みたくなると春が来たなって

冷え性なので冬のビールは酔いでなく寒さで体が震えます。

そんな中アルパカワインは安くてうまいと教えてもらい、ワインあんまり得意じゃない(首位打者くらいの打率で吐く)けど500円ならまあいっかあ、と試しに買ってみたらいたく自分の中で大ヒット。

たぶんアルパカシリーズのワインが嫌いな人は、うっすいワインが好きじゃない人だと思う。だって500円だもんな。でも薄くてクセがないからワインが苦手だったりさほど飲まない人ほどおいしいって感じると思う。

相性がいいのかアルパカだと頭あんまし痛くならない。白もなかなかですがやっぱり赤おいしい。

缶で飲んでると気が付くと台所の隅の缶用ゴミ袋がパンパンになってて、こんな飲んだのかとどんより思うのも、ワインの空き瓶が並んでいるとなんだかスタイリッシュ。気のせいだね。

チリワインだそうで、アルパカへの感謝でチリへの好感度が爆上げ中です。

おいしくも危険な「アルパカのカラダカルピス」割

そのまま飲んでもおいしいんですが、アルパカワインをカルピスで割ると超うまい。(オレンジジュースで割るとサングリアだよ)

しかし飲み口が甘くなると「飲める、飲めるぞ!(ムスカの口調で)」になるので要注意。

カルピスは糖質がネックですが、糖質オフの「カラダカルピス」なるものを見つけてから俄然カルピスづいてます。

カラダカルピスと普通のカルピス炭水化物量比較
カラダカルピス    500ml一本で炭水化物が4.0グラム。
カルピスウォーター  100mlあたり炭水化物が11.1グラム。

全然違う。

カラダカルピス、人工甘味料が入ってるけど「あー、人工甘味料が入ってるなー」とならず、ちゃんとおいしい。500mlペットしかなく、2リットルか原液がほんとに欲しい。

結構甘くて、割っても全然薄い感じにならない。アルパカと混ぜる以外に炭酸水とまぜてカルピスソーダにしたりもする。

カラダカルピス、前の家では近所のセブンイレブンで売られてて、この棚の列は私が守るとこまめに買い続けていたものの引っ越してしまい今「もよこん(最寄りのコンビニ)」は普通のカルピスしかない。おおう。

私はカラダカルピスを「普通のカルピスより糖質がぐっと低いから」という理由で選んでるので満足しているんですが、アサヒの公式ホームページを見るとそれ以外の機能があったようです。

カラダカルピス
「カルピス」に独自の乳酸菌CP1563株由来の10-ヒドロキシオクタデカン酸(10-HOA)を配合した体脂肪を減らす乳性飲料です。

「カルピス」の甘ずっぱさはそのままに、すっきりした後味が、カロリーゼロでお楽しみいただけます。体脂肪が気になる方および肥満気味の方に適しています。機能性表示食品。

だそうで。

カラダカルピスと検索したら「効果ない」と候補がでてきて、なんだなんだと思ったらそういうことだったのね。

ネット上のもうけ話が眉唾であるのと同様に、カルピス飲んどいて痩せようなんて、図々しいね。

関連記事