初めての方向け10記事

『ザ・ノンフィクション』演技がかった人はどう生きたらいいのか「東京でビッグになりたい ~所持金10万円の上京ホームレス~」

ザ・ノンフィクションレビューです。

言動が演技っぽい人にとって、SNSは恰好の舞台でますますリアルの人付き合いを困難にさせるのではとも思う。救ってもいるけど地獄に落としてもいる。YOUTUBER見てても演技っぽい人多い。

そうとしか生きられないのはわかるけど、心配だ。

オタクはこういう人多いというか、こういう人も許容するというか、逆にオタク趣味をすると演技っ気が加速してしまう人も少なくないんじゃないかとか、ほんと救ってもいるし地獄に落としてもいるよ。

鴻上尚史さんの本で、確か『あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント』だったと思うけど、話し方には三種類あって
①自分への独白
②相手に向かって話す
③大人数に向かって話す

があり、一番難しいのは②なんだと。
SNSだと①か③しかほぼないね。演技っ気の強い人は③ばっかりになりがち。

昔(笑)(爆)で今「草」「w」となるのって、②になりそうなのをごまかす気の弱さなんじゃないかと思う。②はそれほどに難しい。若い人がよく草を使うのも、若者ほど不安が強いからじゃないかと思う。若い女子で多いけど、発言の最後にとりあえず笑うのは不安だからなんだよ。

こういう笑いは切ないね。