スタイリング

視聴者の方がプロのスタイリングで美しく変身する番組がありますよね。
私はあの番組が大好きです。
素敵な変身をお客様自身で遂げていくためのサポートをスタイリストとして行っています。

女性のみなさまへ

■カジュアルがトレンドですが、似合う人と、似合わない人がいます
人と服には相性があります。
・着ると評判がいい
・鏡に映る自分を見て気分が上がる服
もあれば
・どうも評判が悪い
・気張って着たのに周囲がノーコメント
・雑誌や店頭で見たときはすごくいい感じに見えたのに、自分が着るとなんだかいまひとつ
そんな服がクローゼットにたまっていませんか?

人と服には相性があります。美人だから、スタイルがいいからなんでも似合うとは限りません。ファッション誌を見ると、モデル別にフェミニン担当やカジュアル担当が決まっています。モデルでさえ得意とする服のジャンルがあります。

■私の話~憧れのTシャツがなぜかピンと来ない
私は私服校の高校に通っていました。今はファストファッションの選択肢が幅広くなり、安おしゃれを楽しめるとてもいい時代になりましたが、1990年代後半はすでにバブルが崩壊していたにもかかわらず、まだ「安かろうダサかろう」な時代でした。私はそのムードに勝手に染められ、高校生のくせに駅ビルで服を買うなんてダサい、デパートじゃなきゃと不遜なことを考えていたのです。

そんな私の憧れは45rpmのTシャツでした。ファッショニスタな先輩がくたっとした、ちょっと大きめなあのTシャツを、さらっと着こなしている姿にしびれたものです。

90年代後半は、斜に構えるとはちょっと違うものの、力まずに自然体なのがかっこいいといった価値観がなんとなくあり、その力まない感じと45rpmのくったりシャツが合っていたのです。

そんな憧れの45rpmのTシャツをようやく手に入れたのですが、いざ着てみると鏡には、高校生のはずなのに生活に疲れた主婦がいて首をひねりました。憧れのTシャツなのに、何か違和感がある。

今ならその理由がわかります。45rpmの、くったりしたちょっと大きめなTシャツは先輩には合うファッションでしたが、私には合わないファッションでした。ファッションのカジュアル化が進んでいますが、カジュアルは似合う人が限られます。

・くたっとしたシャツを着るとくたびれた生活感が出てしまう
・チェックシャツがアイダホ州のポテト農家のように見える
・サファリシャツを着るとアフリカの野生動物レンジャーのように見える
・おしゃれとしてカジュアルファッションをしているのに、楽をしたかったように見える

    こういう人たちは、本当はカジュアルファッションが似合わないんです。

■色と人にも相性がある
服と人に相性があるように、色と人にも相性があります。黒い服を着た時にこんな変化はありませんか?
・眉間のしわが目立ち顔がきつく見える
・ほうれい線が目立つ

また、グレージュというグレーとベージュの中間の色は、品とこなれ感が同居していて美しく、服だけでなくネイルでもよくつかわれる色ですが、これも似合わない人だと手全体が一気に死んだようになります。

■一生使える、あなただけに似合うファッション
あなたに似合うファッションの系統と色を診断しています。こちらは年齢を重ねても、体重が増減しても変わりません。美容院やネイルのようにこまめなメンテナンスはいりません。値段はちょっと高いですが、一生使える知識です。

■メニュー
出張ファッション診断  3時間3万円

■出張ファッション診断の流れ
ご自宅にお伺いし、一番ぴったりな色とスタイルを診断します(あとで説明します)

診断結果に基づいてクローゼットの整理

似合うスタイルを雑誌からチョイスし、次回からご自身でぴったりのアイテムを選べるようレクチャー

後日、ファストファッションブランドからおすすめのスタイルをメールでお送りします。

■一番ぴったりな色とスタイルを診断、とは?
まず「色の診断」ですが、これはたとえば「ピンクは似合わない」のような診断ではありません。
ピンクと一言で言っても、桃の花のような強く鮮やかなピンク、桜の花のような青みを帯びた薄くはかなげなピンク、サーモンピンクのような黄みを帯びたピンクなどさまざまですよね。似合うピンクは必ずあります。そして、これがわかると口紅やマニキュアの色選びでもう失敗しません。

こちらがわかると、ベースカラーはベージュ、グレージュ、ライトグレー、チャコールグレー、カーキ、茶、黒、紺のどれがいいのかがわかるようになりますよ。
ベースカラーが決まると服は選びやすくなるし、選ぶアイテムに統一感も出しやすく、簡単にセンスよく見せられます。

その後、ファッションの診断をします。
・カジュアル
・かっこいい
・女性らしい
・かわいい
・きちんとした
人によって、この上の5つの要素の含有具合は変わってきます。5つすべてが満遍なく似合う、という人はおそらくいません。この要素のうち、あなたの得意な「ホーム」になる要素と、どうしても苦手な「アウェイ」の要素がわかると、着こなし上手になるだけでなく服で失敗しにくくなります。

上記の45rpmのように、似合わないタイプのもの、苦手なもの、アウェイのものを着ると、「あの人、ああいう風に見せたかったんだろうな…」と思われるだけです。

・カジュアルファッションで抜け感を出したかったんだろうな…。
・パンツスーツでバリバリ働く女感を出したかったんだろうな…。
・強い柄の服を着て、大人のこなれ感を出したかったんだろうな…。
・胸の大きく開いたトップスでセクシーな大人の女感を出したかったんだろうな…。

色と同じで、似合うものを着たときはなじみます。周りから「ああいう風に見せたかったんだろうな…」なんて思われません。似合うときは余計な意図は見えずただ似合っているのです。

この記事もご参考までにご覧ください。

ご希望の方はどうぞ「お問い合わせ」からご連絡ください。


男性のみなさまへ


男性に向けてのファッションは、以下書籍(2017/6/29発売)で超~~、説明しています。

『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。
会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』

■こんな方に読んでいただきたい
「細いスーツがかっこいいスーツだと思う」
「学生服の感覚でスーツを着ている」
「スーツのポケットに財布を入れる」
「香水ってモテそう」

上記はみんな誤解です!スーツは正しく着れば切れ者に「見せる」ことができます。
スーツの買い方が一冊でわかる超実践的指南書です。
コンサルがいらなくても大丈夫になるよう、上記の本でまとめましたが、
コンサルご希望の方はどうぞ「お問い合わせ」からご連絡ください。