いとしろ堂 

ライター石徹白未亜(いとしろ みあ)。得意分野はネット依存、二次創作(同人)など。

猫の「前足」を「手」と呼ぶ人に猫への愛を感じる

calendar

reload

実家で、猫がひたすら自分の肛門をなめていました。
人と違ってこれはごくありふれた光景なのですが
それにしてはなんだかえらく長いことなめてるな、と様子を見たところ
肛門から5センチくらい何か白く細いものが出ていました。

すわ寄生虫か、よくよく見てみたら猫草でした。
噛まずに飲んだのでしょう。
半端に出てしまい不快なののでしょう。
これが人間ならば、えのきだけが途中で止まったときなどのように
トイレットペーパーや手を使うことでリリースすればよいのですが
そこは猫、猫は人ほど手(前足)を器用に使えません。

猫の哀れを思い、父が猫草を引き抜いてやりました。
うちの猫は通常触ることのできない荒くれ猫ですが、
このときばかりはこのおっさん(父)が肛門をなんとかしてくれる、
と猫なりに思ったのでしょう。
ぬいぐるみのようにじっとしている姿がけなげでした。

引っ張ったところ、10センチほど猫草がそのままずるりと出ました。
父がそれをホレホレと振り回し、
キャッホーとばかり逃げる母と私。
逃げつつ、満面の笑顔。
全員の平均年齢は40を超えます。

この記事をシェアする

関連記事

folder 【募集中】教えてあなたの節ネット

more...

folder ネット依存、ネット利用

more...

folder ファッション

more...

folder ライター仕事

more...

folder 同人活動(二次創作)

more...

folder 日記

more...