以前取材でお話を伺った国際大学グローバル・コミュニケーション・センター山口真一さんの発表より。
思えば私が中学のころには存在すらしていなかった多くの無料の豊かさがありますが
でも、タダのツケはどこかで、なんらかの形で支払っているわけで、どんな形でそれは表れてくるんでしょう。
GDPはもう空白になっていますが。

以前の取材記事のテーマは「炎上」でした。

タダのツケを満喫する一方で「あえておひねりを出す」というサービスが一部好調。


自分が中学生くらい(今の中学生には信じられないでしょうが、20年前はCDを3000円出して買っていた)のころを思うと、やっぱり10代~20代って「お金を使う楽しさ」が一番ありますよね。

私自身も中学生のころ、どの音楽雑誌を買おう(これも今の中学生には信じられないでしょうが)、と本屋でいそいそしてました。
本質的なのは今も昔も変わってないんだと思う。
若い人のお金を使うことに対してのピュアで新鮮な喜びと、かなり底意地の悪い言い方をすればそれを食い物にする仕組みは昔も今もよくできているんでしょう。
今ってオタク趣味の引退の意識薄くなったから、若い人から金を巻き上げよう、の意識が大人のオタクに全然通用するため、昔よりずっと、もっと、太く強い市場です。

しかしこの
「3000円で音楽のアルバムを買って、そのバンドのインタビューの乗っている音楽雑誌のうち、どれを買おうか本屋で悩む」。
私が20年以上前にしていたことですが、
・3000円で音楽のアルバムを買う=>音楽のタダ化。ライブで稼ぐ時代に
・音楽雑誌がふんだんにある=>書籍は地獄の時代へ。中でも雑誌の地獄っぷりは半端ない
・本屋が情報発信源=>情報発信源はネットへ。本屋も書籍と道連れで地獄の行軍が続く

時の流れが怖すぎる。