話も面白い。
日本版サブタイトルが愛と欲望の王宮。

「愛と欲望の」でスケベ方向にワクワクした人にはそこまでストレートなお色気シーンはないと先に伝えておきます。ポロリはないよ!
「嫁姑のしがらみと陰謀の王宮」の方が近いと思う。
殺しても死なないというのはこういう人のことなのか、というようなダイ・ハードなお姑さんが出てくる。

しかしまったくエロがないわけではない。
海外ドラマなんで結構キスシーンは濃ゆいんですが
このドラマのエロ枠の真打はバッシュ(トーランス・クームズ)なんですね。
数多いる女性キャラクターを抑え堂々のスケベ枠獲得です。

英仏を舞台にした陰謀渦巻く王宮の世界なので、基本登場人物の多くが次から次に困ってるんですが、バッシュが困ってるときのエロさは頭一つ抜き出てるんですね。
エロさってのはやっぱり困らせたさなんだなって膝をスパァン!って打ちましたよ。
制作サイドも、このドラマのスケベ枠は君だ、頼むぞってバッシュに期待してるのが伝わってくる。
精神的な困惑だけでなく、肉体的に痛そう、苦しそうなことになるシーンも妙に多い。
絶対確信犯ですよ。ああわかった、乗っかってやる!

絶対ここに「クイーンメアリー バッシュ エロい」でたどり着く人いると思う。
エロいよね~。

役者の名前で検索すると結構本人はひょうきんな兄ちゃんなんだな、と思わせる写真が出てくるので、エロさを大切にしたい人は見ない方がいいと思う。