真相がわからないので触れませんが、一点、パワハラ疑惑が出てから栄監督を直撃、みたいな映像で出た時は、栄監督、「悪」っぽく映ってたことを記しておきたい。『プロフェッショナル仕事の流儀』のときは好々爺っぽかったのに。

これは何に寄るものなのか?
【仮説1】お年寄りは気合を入れないとどうしても顔に貫録出るから、特に対立軸に立つ人が若い人だと黙っているだけで「老害感」出がち
(そういう意味では、若手の孤軍奮闘のはずが何かを確実に漂わせた貴乃花親方ってすごい)
【仮説2】『プロフェッショナル仕事の流儀』は対象をよく映しすぎ

どこかやればいいのに。
あなたを『プロフェッショナル仕事の流儀』みたいにVTR作りますというサービスを。
大抵の人は45分だと尺持たないはずだから長くても10分くらいで。
全編リスペクトしまくり。
そしてスガシカオ。

私もやって欲しい。語っちゃうね。
「ライター、石徹白未亜の挑戦は、終わらない――。 ~♪(あの前奏)」
実際にできた本編は恥ずかしくて絶対見ないと思うけど、やって欲しい。
やっては欲しいが本編は絶対見たくない。
分かってもらえるかしら。この気持ち。

聞かれたから答える喜びというのは、以下の大惨事も記す通りです。