確定申告を提出し終えた3月の午後16時。
みなとみらいのあの観覧車と万葉倶楽部のある半月状のあのビルと
日が少し傾きつつも、もうかなり暖かさを増した春の空気が私を祝福しています。
確定申告を終えた私、輝いている。

大人になると基本誰も誉めてくれないので自分で自分を誉めます。
今だけは悲しい歌聞きたくないよ。

よく頑張ったね。
PMSと超繁忙期と確定申告が重なった中で仕事を一切溜めなかった君、輝いていた。
よりによってPMSも来ることないじゃない。
そんな中でもあきらめなかった君のプライド。
その輝き、忘れない(死んだっぽくなってる)。

しかしつくづく、何に金を使うかってほんと人それぞれですね。
私は確定申告は自分派なものの、税理士に頼むって人結構いる。若い人でも頼む人は頼んでる。

私も頼もうと思えば頼めるくらいの金はさすがにあるものの、そういう問題じゃないんだ。
私たぶん年収1億あっても自力で確定申告すると思う。
「金が惜しい」以外に「確定申告、なんだかんだで結構好き」というのもある。
へへ、私、一年がんばったな、このがんばりやさんめ、愛い奴っていう確認作業が確定申告です。
税理士に頼んでいる人はこの貴重な機会を逸していて大丈夫なのかと心配なくらい。

でもこういうことがほんとに苦で、時間を取られるくらいなら外注するという人もいるだろうなというのも分かる。
どんなにがんばってもできないことってあるし。向き不向きはあるし、しなくていい努力ってあるし。

何に金を使うかってほんと、どんな主義信条よりその人を表す気がする。

もともと使ってた会計ソフトfreeeが仮想通貨にもFXにも対応していて全米が泣いた。仮想通貨は雑所得、FXは分離課税と税金の取られ方が違います。