今年最後の取材記事はパンチ効きまくりです!
『自分のすごさを匂わせる人』著者であり心理学博士、榎本博明さんにSNSで匂わせる人はなんで~、って四回にわたって聞いています。
すごいよ!!読んで!!

記事では自慢系匂わせを中心にしていますが、
上記榎本先生の『じぶすご』では「俺はまだ本気だしてない」や「周りがみんな幸せに見えて辛い」
といった変化球匂わせについても触れられていますよ。

今を、不寛容社会と言う人もいますが、
言いたいことや匂わせることは超やりやすくなっているのだから、
不寛容社会という人は不寛容な人の意見を見て不寛容と言っているだけなのではと疑問に思うところです。
不寛容な人に不寛容だというのも不寛容ぶりでいい勝負です。(坊主が屏風に上手に……みたいになってる)

しかし言うことや匂わせることを我慢せずにやることが、
その当人や周りの幸福につながっているか?というところにインタビューでは踏み込んでいます。読んでねっ!