自著『節ネット、はじめました。』でも触れましたが、SNSは「かなりの人気者」か、「他人の人気に対して本気で涼しい顔していられるゴーイングマイウェイな人」でなければ火傷します。

ここで、ほんとは全然そうじゃないのに自分をゴーイングマイウェイタイプだと言いはる人が東にいたら、「もうよせ」と肩に手を置いて目をつぶり首を振ってあげたい。
SNS積極的にしてるのに人からの反響気にならないしと言い張る人が西にいたら、SNS積極的にやってる時点で他人の反響気になるタイプだろ?素直になれって……、ってバスローブ姿でピロートークしてやりたい。

SNSが教えてくれる、知らない方が幸せでいられたこと
●自分の誘いに気のない返事をした人が、ほかの人にはむしろ自分から積極的に誘っているビッチな姿
●もっと仲良くなりたいなと思える人が、自分の書き込みは一切スルーで、ほかの人にはむしろ自分から(以下略)

数じゃなくて質。自分のつぶやきが1000RTされてジュンジュワ―というのもあると思いますが、質も大事だと思うんですよ。自分がいいなと思うイケてる人から好意的な反応あるとときめいちゃう。イケてる人や神からの1リツイートやコメントは凡夫からのリツイート一個大隊に相当します。今日も今日とて「はわわ、●●さんにフォローされたった~」と薄く尿漏れしている人が全国に1000人くらいはいると思う。

好かれたい人からもらう反応は生きるエネルギーです。

ということで「この人から好かれたら尿漏れするほどうれしい人」を思い浮かべてみてください。

私も思い浮かべました。

しかし、残念ながらその人はあなたや私に無関心でいていい自由があります。

当たり前です。あなたにも私にも「え……、別にこの人から好かれてなくていいんすけど……」と思わず苦笑いしてしまう人から好意を寄せられた時に無関心でいていい自由があるように。

しかしSNSのこのクソミラクル情報化社会は、私を袖にした人の日常を追いかけることができてしまうんですね。別れた人のSNSを追っていたら幸せそうで軽く舌打ちする日曜の午後とか。別れた人や、自分につれなくした人は地獄の一丁目を永久に彷徨っていてもらわないと、ちょっと困っちゃいますよね。でもなかなか「自分は地獄の一丁目にいて何をやっても空振りで不幸のズンドコでーす!」とSNSで言う人って少ないと思う。

好いて欲しい人が同じくらい自分を好いてくれるとは限らない。当たり前。SNSさえなければいずれ悟って少しの切なさとともにやがて消えていくはずだった淡雪のような片思いが、SNSにより成仏できず、毎日見返すことでアイスバーンになっていく恐怖。

SNSは本来「淡く切ない片思いを乗り越え大人になっていくはずの人」をストーカーに変貌させる悪魔のシステムです。片思いと言うと恋愛感情みたいに見えますが、友情においても仕事においても片思いっていっぱいありますよね。

人生片思いだらけですよ、3割ちょい打てれば首位打者です。すべてがうまくいくわけない。頭ではわかっていても、SNSを見るのをやめられないいいーー、という人は多そうですが。

「持たず、作らず、持ち込ませず」は非核三原則ですが
節ネットは「見ない、見ない、見ない」です。「見ても反応しない」ではダメ。見たら絶対反応してそして明日も見たくなる。見ないことが全てです。素晴らしいことに、見なければいずれどうでもよくなるんです。早ければ一週間くらいで。

つれないあの子やいけすかないあんちくしょうのSNSを見る時間で部屋の掃除をしましょう。