2017年 8月 の投稿一覧

生まれて初めて号泣しながら飯食った

前回おいしいクリームパスタについて紹介しました。

アレンジして黄身を入れず、しめじとベーコンのチーズクリームパスタにしたんですね。
大正解で一口食べておいしい!とご満悦でいたら、テレビでさだまさしが『秋桜』を弾き語りで歌い出したんです。

嫌な予感がしたんです。泣くって。
でも麺が伸びるのは嫌だった。
チャンネルを変えればよかったけれど歌い始めたまさしの淡々としたメゾピアノを前にそんなことできるわけない。
そのあとまたよりにもよって『風に立つライオン』が続いてしまい、まさしが私をヒーヒー泣かし続けるんですよ。飯の間、ずっと。

号泣しながらパスタ食べてわかった。
飯の味がしない&ちっとも腹いっぱいにならない。

やっているか知りませんが、さだまさしディナーショーって最悪の組み合わせです。

私の節ネット:見たって増えないもの(他人からのいいねやリツイート数)は見ない

節ネットは一生続く自分との闘い。テクニックの紹介です。

今回は見たところで増えないものを見ない(減らす)です。

たいていの人が多かれ少なかれやってると思う。例えばこんなのです。
●SNSで自分のつぶやきがどれだけいいねやらリツイートやらされたか
●自分のブログやホームページのアクセス数
「数」ではないですが、LINEの相手からの返信がいつ来るかチェックするのも仲間みたいなものですね。

こちら、見出すとあっという間に「日課」どころか数時間に一回は見てしまう「時課」になり、確認したくていてもたってもいられなくなり頻繁にリロードしちゃったりするんですが、「えー!想像より100倍バズってる!」みたいなことはないと断言してもいいくらいで、もう、確実にさみしげな数値しかないんですね。

しかもこの状態は「他人の承認待ち」で、さらにその成果が得られていないのですから、自尊心がすくすく、みるみると下がっていきます。そしてその自尊心を回復すべく取りうる手段が「ネット以外のことをする」ならまだいいんですが、大抵「新しくSNSやブログ記事を投稿して反響を待つ」になるから自転車操業になっちゃうんですね。

「完全に見ない」は難しくても、「時課」の頻度を「日課」にしたりなど少しでも感覚を開けていきたい。理想は「週課」です。数時間おきに見たところで、みな自分の人生で忙しいですから動かざること山の如しな反響の数字も、一週間おきに見たらさすがに少しは動いているはずです(動きを確認するために前の数字を控えておきましょう)。

大体、見れば見るほど気になるものです。一週間に一回のチェックだと、おそらく忘れるくらい他人の反響なんてどうでも良くなっていく。「他人の承認待ち」という自尊心が大江戸線の六本木駅くらい地中深くに潜っている状態は、人生の中で極力減らしていった方がどう考えても心の健康にいいはずです。

コミュ障だって大丈夫!Twitter抜きで同人誌の感想をもらう方法【同人活動報告】

書きました。前半はtwitterの悪口です。
少なく見積もって同人作家の9割は感想欲しいと思う。

人生数度目の英語チャレンジをしています。金が絡まないとケツに全く火がつかない性格なので「英語のネット依存やオタク記事を紹介する仕事ができるようになる」を目標にしたら、ようやく心のともしびが着火しました。

ウォーミングアップにtwitterで「doujin -lang:ja」(日本語以外で、同人とつぶやいている人を探す)をやってみたらこれが楽しい。doujinって国際語だった。

私は怒涛の地雷持ちなので同担のつぶやきは見ないことがお互いの幸せにつながると信じ日々過ごしています。しかし英語だと人のキャラクター考察などに「え~、その解釈違う~」とか鬱陶しいこと思う前に、そもそもなんて書いてあるかがうっすらしかわからない。
・え~その解釈違う~
・この人繊細チンピラだ、うわー
・この人高尚様だ、うわー

とか思わずにtwitterをできるヘルシーさ。

相手を繊細チンピラや高尚様だと思えるのはそれなりの語学力というバッググラウンドが必要だった。「口汚く罵る英語の荒らし」なら判るものの、繊細チンピラと高尚様って行間で表現してきますからね。母語でないと読み取りにくい。

もうtwitterは日本人以外のオタクの発言追うことにした。これだと純粋に楽しいだけになる。

しかし、繊細チンピラ(小野ほりでぃ先生)や高尚様(たぶんこちらは詠み人知らず)って名付け親が素晴らしいですね。どちらの言葉も、説明せずともなんとなくニュアンスが伝わる。
ネットが生んだ言葉の中でトップクラスに好きな言葉で、ネットって素晴らしいなって思います。

同人誌の表紙作るときに参考にしてる本

実例豊富でジャンル別に分かれていていい感じ。でも商業書籍の装丁なので、同人誌向けないかなー、と思ったらこんな本がありました。気になる。

ソースがネットリからみつくカルボナーラの作り方(フライパン使わない)

お店で食べるあの、麺にねとりといやらしくソースがからみつくカルボナーラ。
自宅で再現したいと1週間くらい戦い続けました。何度「シャパシャパ」したカルボナーラになったことでしょう。
死闘の末答えを得ました。意識低い系なのでフライパン使わないし分量も適当です

続きを読む

2017年前半までのインタビュー、イベント取材記事です

たっぷり!読んでね~。



























2017年前半までに書いたネット依存、利用系インタビュー記事一覧です!(たっぷり!))

連載・ネット依存社会の実態















その他ネット利用、ネット依存に関する記事





たっぷりだよっ!!読んでね~

サイゾーウーマン連載・女と結婚を考える全五回の連載です。

昔から結婚願望がなく、人はなぜ結婚したいのだろうと静岡で結婚相談所を開設する矢内文浩さん、社会学者(男性学)の田中俊之さん、カウンセラーの南波実穂子さん、茜会さん(高齢者結婚相談所)や誠心さん(セレブ結婚相談所)など、さまざまな方に伺った連載記事です。

続きを読む

全五回・フリーランサーが報酬未払いに挑むシリーズです。





詳細は各記事に書きましたが、最初にいかに契約書を結ぶかが大切です。
(ただ結べばいいだけでないのは、弁護士の先生に伺った第四回記事を参照にしてください)

しかし、正直ライティングにおいて最初に契約書を結べることってあまり多くないです。結んでくれるところもありますが、結んでくれるのは紙媒体よりウェブ媒体の方がよっぽど多かったりします。

紙媒体の契約書って、業界の慣習で「本が出る直前」に結ぶことがほとんどなんです。業界の慣習がそうなってる。でも、本が出る直前で結ぶということは、それまでにおじゃんになった契約はライターの泣き寝入りってことですよ。こういうときはさすがに「マスゴミ」っていう言葉使っていいんじゃないかな。

マスゴミって言葉が好きな人はマスゴミという言葉を気安く使いすぎたせいで、今やマスゴミって言う人の方が、頭かメンタルか、あるいはその両方に問題を抱えているんだろうなって思っちゃうんですが、この「契約書を後で結ばせる」っていう一点は結構ゆるぎなく「マスゴミみ」ある。言いにくい。マスゴミみ。

しかし契約書を出さないクライアント(多い)に対し、ライター側が「契約書を最初にかわしましょう」と言うのはなかなかヘビーです。相手方に「うぜえこと言ってくるな、でもこの人に頼みたいんだよな」と思われるくらいのものがないといけない。
こういうこと考えると遠い目になっちゃうね。
そもそも、新人やキャリアの浅い人なら絶対使えない手だし。

中古同人市場に「オワコン」なし! まんだらけに聞いた中古同人買取のすべて

まんだらけさんに中古同人誌売買の実態について伺ってきました。
まんだらけはこんな趣味性の極みみたいな事業で上場しているところがカッコいい。
小ロット多品種って同人誌のためにある言葉です。

本文中にもありますが、面白い二次創作って原作を読んだことなくても面白いって思うんですよね。

これも二次創作といえば二次創作。清水義範によるパロディ。司馬遼太郎の文体で猿蟹合戦を書く『猿蟹の賦』はたぶん、司馬遼太郎読んだことない人でも声出して笑うと思う。
モノマネの上手い人が、時々真似ている対象よりもよりその人っぽく見えてしまってつい笑っちゃうあの感じ。
うまいモノマネを見たときについ出ちゃう笑いって、世の中の笑いの中でもトップクラスでピースフルな笑いだと思う。

ちなみにまんだらけは株主優待もイケてます。今だと5万円くらいで株を買えば、毎年2000円の優待券もらえます。

刀剣乱舞関連の記事一覧です(日本号が出ない)

映画『日本刀~刀剣の世界』について、配給会社であるプレシディオの長谷川裕介氏インタビューです。


個人蔵の刀が多く、防犯のためなかなか許諾がいただけなかったそうで、知られざる裏側です。

日本号(ゲーム上は槍のイケおじ。レア)ゲットトライ1回目


日本号ゲットトライ2回目

200回周遊したごときで出るわけがなかった。私とうらぶへの課金はトータルでも2000円行ってない課金足軽ですよ。とうらぶは別にお金かけたからすごいよくなるってわけでもな。

google playのサイトでは課金ランキングを毎日更新しているんですが、いつ見ても、ここ1年FGOがトップです。どんだけえぐい課金兵を抱えているのでしょうか。FGOに限らず、課金系ゲームをしているプレイヤーが、であえええい!いざ課金じゃあーーー!ぶおおー、ぶおおー(法螺貝が鳴る音)ってなるタイミングってどういうときなのか聞いてみたい。

燭台切光忠(ゲーム上は隻眼のイケ男)の実物(刀)見てきました。


燭台切光忠は水戸、偕楽園脇の徳川ミュージアムに収蔵されています。偕楽園を訪ねたのは2月、あと1週間遅かったら梅がほころぶかというタイミングだったので、偕楽園はただの林でした。

燭台切光忠に限らず、刀剣乱舞から聖地巡礼へと目論む人は『へうげもの』読んでから行くといいと思う。

私は聖地巡礼しないタイプのオタクだったので初の巡礼、なかなか楽しかったです。土日は混むそうですが、平日はタイミングが合えば一人で光忠ガン見も可能です。

しかしこういうときに女性の一人や二人客を見ると、あんたも光忠目当てだね?どうだい酒でもと心の中では思うものの案外女性二人って普通の観光が多かったりするので注意が必要だ(会話に聞き耳立ててた)。