◆やたら「アニメ」な水の宣伝
きょうび、ボインでやたら露出度の高いアニメ絵の
お嬢さんが地方自治体のキャラクターを務めることも珍しくないため
今更驚くこともないものの、酒場放浪記のCMでも
全編アニメ美少女が出てくるおいしい水の宣伝が流れています。

そのアニメはハウスのCMで見るようなジブリテイストの絵柄でもなく、
『サマーウォーズ』『君の名は。』的なライトな層にも受けそうな絵柄でもなく、
もう、オタ直球150キロ系のすがすがしい、深夜アニメのようなアニメ絵美少女で、
社長の趣味なんだろうな~、とか考えるとたまらない。
もしかして好きな声優使ったのかなとか考えると楽しい。
もちろん美少女たちは、昨今の俳優たちが声をあてるアニメと違って
ゆるぎなく直球のアニメ発声なのも頼もしい。

しかし酒場放浪記なのに。そのアニメの宣伝の両脇では
「飲みすぎにはパンシロン」とか「さつま白波」の宣伝をしているのに。

◆焼酎「さつま白波」の宣伝
二階堂といい、焼酎の宣伝というのはやたらムーディーにしないといけない
業界の縛りでもあるのでしょうか。
ビールは「キレ!ホップ!ごくごく!うめえ!」なのに。

しかし「さつま白波」のCMには
なんでも言葉尻をとらえ文句をつけられる言いたいことも言えないこんな世の中で
なぜその数多いるクレーマーたちが黙っているのか不思議なくらいひどいものがあります。

そのドイヒーなさつま白波のCM、言いたいことは
「人生つらいこともある、そんなときに寄り添うさつま白波」だと思うものの、
その「つらいこと」の例で、むっちゃくちゃ男性上司に怒られる中年女性社員が出てきます。
その男性上司の怒り方が、これはCMで流していいのかというくらいメンがヘラっているんですね。
しかるべき場所にいったら診断名がつくんじゃないかというくらいのキレっぷり。
会社の会議室で、書類をぶちまけながら怒鳴り散らしているんです。
怒られた中年女性社員は感情的になるまいと相手を見据えて耐えているんですね。

これをOKとしたさつま白波は、この演出に疑問を抱いていないということは
相当ブラック企業なのではないかというのも感じさせ、
さつま白波にとって非常によくないCMだと思うんだけど、どうだろう。

怒る男性社員と怒られる女性社員の年齢が近そうなとこもまた、
嫌にリアルでじっとりきます。