二次元と三次元の分厚い壁を感じました。

『ユーリオンアイス』というフィギュアスケートを題材にしたアニメがありますが、『沈黙』と「外国人がわらわら出てくるが、メインの言語がある」という共通点があります。
ユーリオンアイスは日本人ロシア人スイス人カナダ人タイ人……と登場人物は超インターナショナルですが、全員日本語で話します。ロシア人コーチも。

で、『沈黙』は、鎖国された江戸初期の日本、長崎で、棄教したとされる師の真相を負うべくポルトガル人の司祭が日本に潜入する話です。日本にたどり着いた司祭と長崎の隠れキリシタンたちは英語で会話をするんですが、疲れ果てた貧しい、ボロボロの服を着た隠れキリシタンの村人たちが、「私もこのくらい英語が話せたら、海外旅行に行く気が倍になるだろう」というくらい流暢に英語を話すんですね。

違和感との闘いが日本人の観客には求められています。
えっ……、ポルトガル語なんじゃね?ととか、そういう疑惑が出てくるともう私あの頃に戻れない。

ユーリオンアイスの場合、言語を発してる側で見れたという大きなアドバンテージがありましたが、二次元三次元の違いを感じました。それに原作の小説は村人たちの話す九州弁が素朴で、それが悲しいシーンをますますドラマチックにさせてよかったのに。

日本人は特に厳しい映画です。

あと、私アメリカのドラマ『ハワイファイブオー』も大好きなんですが、こちらハワイが舞台で、日本のヤクザが出てきたりなど話に結構日本が絡みます。そのわりにそこで描かれる日本が明らかに「どこだここ」なんですね。
日本というより西洋人の思う「アジア」という感じ。日本と中国と韓国とどこかを足して4で割ったようなどこでもないどこか。

日中韓の違いなんてアメリカ人にはわからないんだねと思っていましたがマーティン・スコセッシ監督もわかってないようです。日本を舞台にした映画やドラマを撮影するなら、この違いは把握しないとまずいと思うんですが。
日本描写の拙さに湧き上がる愛国心。はためく日章旗。

人が死ぬシーンだけは映像の方がビリビリ伝わってくるものがあってよかったですがほかについてはもう小説の方がむちゃくちゃ面白いので『沈黙』は絶対小説で。映画のストーリーはおおむね原作に忠実でしたが、それでも全然小説の方が伝わるものが違います。小説向けの話なのだと。

原作厨☆大勝利な一本です。
特に終わり方は絶対小説の方がいい。