私はボーイミーツガールものが好きではなくむしろ「はいはいボーイミーツガール乙www」とせせら笑うタイプです。「自分自身の青春が暗かったから」のわずか15文字で美しいまでに理由にカタがつくため、逆に暗い青春を送ったのにラブストーリーが好きな人はどういう精神構造してるか聞いてみたい。

ボーイミーツガールものが嫌なら中年の恋愛ものならいいかというともう全然ダメ。「いやっ、中年から加齢臭の上に性の饐えたにおいがしてて、ほんと酸味って感じ、キモイっ、中年の性行為の話とかセクハラ!無理っ」と中年に性なんて存在しないと思ってる女子中学生のような潔癖さなんですね。自分も中年のくせにむちゃくちゃ冷たいんです。アタックは驚きの白さですが私は驚きの冷たさです。ラブストーリーやラブコメに冷たい。

しかしそんな私も大好きなラブコメがある。それが『秘密のケンミンShow』番組内ドラマ『辞令は突然に』です。
あれはほんとにすばらしいラブコメです。DVDになっていないのでしょうか。

ヒロインのはるみが旦那とキスしようとすると必ずいいところで邪魔が入るというラブコメの鉄板ネタをかましてくれるんですが、もうこのシーンで私毎回「キッス!キッス!あ~、もう、早くキスしろよー、もー!」って盛り上がってますからね。一人暮らしなのに。すごいだろ?

はるみが水着になったり温泉シーンがあったりと幼稚園児が見てもお色気シーンだとわかるサービスショットがあるのがまたいいんです。

『出没!アド街ック天国』で温泉地が紹介され、モデルが谷間を強調しながら湯につかると毎回峰竜太は「おっほ~♪」とうれしそうに声をあげるんですがあのときの峰竜太は本当にいい仕事をしています。

私もはるみの入浴シーンでは「おっほ~♪」です。

心の中の峰竜太が叫びたがってる。