年をとると歌の歌詞の意味がわかるようになるとは聞いていたのでわくわくしていたのですが、この間カラオケで大黒摩季の歌が沁みに沁みて驚きました。これ10、20代のころは節がいいよね、声がいいよね、くらいの気持ちで歌ってた。今まで何を歌っていたんだ、大黒先生ごめんなさいというくらいガツンと来ます。

逆に10代のころ号泣したり、大好きだった漫画や小説で、なぜこれに、そこまで、と不思議になったりもしてこれは成熟した、と年をとった側としては思いたいものの、そのときの感覚を失っただけなのでしょう。優劣の問題でなく。

あと最近STARTING OVERとChange the worldがいい曲だと思うようになりました。昔はむしろこの二曲は積極的に嫌いでした。前者は暗いと思いましたし、後者は優等生的な、教科書的な上手さが気に食いませんでした。かつて気に食わなかったそこが今はいいと思う。

自分の中の未知。あと20年くらいしたら歌舞伎とかいけるようになるのか。
今は歌舞伎のなにがいいんだかさっぱりわかりません。この感覚をちゃんとひかえておきます。