燃えるごみの日の朝に忘れずにごみを捨てた。
ただそれだけでやり遂げた感に震えます。
週2の燃えるごみですらそうなのですから
月2の不燃ごみ(スプレー缶など)を
抜かりなく出した暁には、今日もう私は人として大事を成しとげたと
朝からビールを飲みたくなります。

たぶんスティーブ・ジョブズ氏の短い一生には
もっと壮大な大儀があったのだと思います。
燃えるごみ出しで充足していたらiPhoneは世に出なかったでしょう。
もしかしたらジョブズ氏も朝に燃えるごみ出したら
「俺、ちゃんとしてる~」って爽快感あったかもしれませんが。

公共料金の口座振替手続きをするとか、
役所に必要な書類を出すとか、
詰め替えの洗剤を切れる前に思い出して買い足すとか、
天気のいい午前中に布団を干したり洗濯してちゃんと日中に取り込むとか。

この辺で結構すぐ満足する。
手先が不器用ゆえに苦手意識が強くないがしろにしがちでしたが
家庭科は人生の幸福を担う教科だったと今頃気づきました。

最近忙しかったのですが
今日は外に出る仕事がなく家で仕事はしつつも、久々にのんびり。
燃えるごみを朝捨てたしシャツの襟の黒ずみもちゃんと洗濯した。
来たぜ。ギアがニュートラルに来た感じ。