東京に来てはじめてドミノピザを食べたときの「おら東京さ来ただ」感。

私が高校くらいのときって「東京にしかないもの」が多かった気がしましたが20年で急速に地方と東京の均質化が進んだ気がします。
地方の大型イオンとか、東京の駅ビルと出展構成にほとんど変わりないですよ。
でもDNAが街のねずみタイプなので結局上京していたでしょうね。

しかしそんな中でドミノピザいまだゆるがぬTOKYO感。引越し先でドミノピザが注文できるか、は重要チェック事項の一つですらありました。しかしドミノピザは私の愛するプライムシーフード(ホワイトソース味)の味を変えてしまったのです。

ほうれん草や大きなえびが入って見た目はリッチになりましたが、お口に入れたとたん「えっ、何かの間違いでしょう」と思い、一ヶ月後にもう一度頼み、おいしくなくなってしまったことをなぜか再確信してしまったときの悲しみたるや。

10年は浮気してましたが元カノであるところのピザーラに「よ、」と戻ってます。前付き合ってたときの定番クオーターメニュー「ボンバー(好物)」が変わらずに残っていたことに地味に感動。しかしボンバーのメニュー構成が変わっており、君は昔の君ならず。お前も俺も、年をとったよな……、と鼻の下をこすりました。

ピザーラのシーフードうまい。変わる前のドミノのシーフードに近い。