家族がテーマの二冊。根底に流れるものが不幸か幸福か、180度違う本です。

かわいい絵柄ですが、内容は毒親との逃げ場のない生活と、独立を描いたヘビーな一冊です。
ずっと読みたかった一冊。

しかし日記でもつけていたのでしょうか。
よくこんなにひとつひとつを覚えているものです。
幸せな記憶ならこうも具体的に、細部までいくつも覚えていないと思います。

この人が嫌い、という回路が一度できてしまうと、いいところは見えにくくなり、わるいところ、特に自分に関わる分野だと
ほらやっぱり、ほらやっぱり、とポイントが加算されていきます。そのため鮮明に覚えているのではないでしょうか。

この人が嫌い、回路ができたときはその人から距離を置くしか手段はないと思うのですが相手が親で自分が幼少の子供だとどうしようもありません。
この本を読むと自分が親にされた嫌だったことが鮮明に思い出される嫌なオプションがついてきます。

親子連れを街で見ると、私が子供だったころよりすごく親が子供に対して優しい印象があります。(そうでない親もいますけど)親が優しくなったというより、育児書や子育てのトレンドがこうなんじゃないかなと思います。

『背中の記憶』
ベースに日々への幸福がある一冊。

作者が子供だったころの周りの大人たちのエピソードを集めた本です。
これも作者がびっくりするほど子供のころの思い出を持ち続けているのですが
あとがきに
「子供と生活していると、すっかり忘れていた自分の幼いころのワンシーンが鮮明に蘇ってくる」の一文がありました。
不幸なことはいつまでもしこりのように残りつづけるけれど、幸福なことはきっかけがないと思い出せないのかもしれません。

この本あとがきが特にいいです。
本編は格調高く、ストイックで張り詰めた空気がありますが、あとがきではそれが少し、きもちよくゆるんで、作者自身が処女作を書き終えてホッ、とした感が伝わってきます。
「きっと、生活の中に子供さえ混じっていなかったら、彼ら(石徹白追加:エッセイ本編に出てくる大人たち)はもっと格好良い大人でいられたはずなのだから。それを承知で子どものそばにいることを選んだ人たちの勇気に、わたしは拍手したい。」

世の中の素人・子供のそばに24時間いるとなるとそういつもニコニコなんてしてられないですよね。