書籍化した大人気ブログをたずねてあの女http://ameblo.jp/ano-onna/
管理人のオネエさま、ゴマブッ子さんによる毒舌ぶった斬りの恋愛お悩み相談がコンセプトのブログです。

ぶった斬りとありますがみね打ちです。
ゴマブッ子さん、超優しいです。

たとえばこんな、サイコパスなのかな?と思うようなお嬢さんからの相談がありました。

①ホワイトデーのプレゼントを彼氏に「あなたのチョイスがいいな」とお願い
②その結果もらった財布がダサかった
③返品していい?と聞いたら彼氏と気まずくなった
④ゴマブッ子さんに相談

何がコワいってこの相談者、逆切れしてないのです。
「ダサッ!サイフダサッ!なんでこんなセンスないわけ、ダサイサイフよこしたおめーがわりーんだろ」感がないのです。
「私そんな悪いことしてるのかなあ」とキョトーンとした感じ。

逆切れしてたらなんだこいつと思いつつも、まだなんか分かるじゃない。
罪悪感をうっすら感じているのかもなって伝わってくるんですよ。
しかしこの相談者、キョトーンとしているのです。
怖いよこの相談者、自分のしたことに無自覚。

以前図書館の本を風呂場で読むとキョトーンといった人を見たときも苛立ちよりも恐怖を感じました。
俺はワルだぜとうそぶく人なんかよりよっぽどワルです。

こんな恐怖質問に対しゴマブッ子さんはユニークなたとえ話をまじえつつ、
自分が同じことをされたらどう思う?と諭します。
ブログなのでコメント欄があるのですが読者からのコメントの大半が「なんなのこいつ」で私はまだ日本には良心があると安心しました。

さらに後日、相談者からゴマブッ子さんへのお礼メールが相談されていたのですがその中で「コメント欄を見たら皆さん手厳しい意見が多く、怖かったです」的表記が。
やっぱり怖いよこの人!