新世界、通天閣周辺はいかにも観光客向けの串カツ屋が並びますが、
ちょっと離れると、碁会所や将棋クラブがあります。

生でみるのは初めてでしたが
おじいちゃんたちの囲碁、将棋タイムなんてほのぼのしたもんじゃないです。

年齢的にはおじいちゃんなんでしょうが
そう呼ぶには不釣り合いの眼光鋭い男達が潜るような集中力でバチハヂと指していました。
おいそれと観光客が見学など出来ません。

好きですこういう街。
特定の人しか寄せ付けない街。
子供が似合わない街。

私は生まれ育った街が退屈で上京して来たのですが
理由が分かりました。

仙台市のベットタウンの我が故郷多賀城は、
大きなジャスコがランドマークの
新しくてがらんとしていて
家族や子供に優しい街だからなんか物足りなかったのでしょう。

ジャスコは便利ですが、街のにおいや色を吸い取ってしまいます。
住むには去勢された街くらいが丁度いいでしょうが、
日本全国のベットタウンはみんなこんな感じだと思うんで
そこで暮す若者の中にはかつての私のように
やるせなさを抱えた人もいるのだろうと思います。

そういう人は新世界へ。大人の街、日本の広さを知る街です。