プレミアムモルツ(以下プレモ)試飲がタダでできる素敵な工場見学、
サントリー府中工場に行ってきました。

タダでプレモが飲めるとあり、見学者は老若男女30人以上はいました。
工場見学部分は他にまかせるとして、試飲部分についてしたためておこうと思います。

試飲では気の利いたことに乾き物のおつまみも用意されており、
会場に入る前にすきっ腹じゃ酔うとあわててスナック菓子をかっこむ必要はありませんでした。

そしてこの乾き物が最強に気が利いていたのです。
プレミアムモルツ(普通の&黒)を迎え撃つおつまみ陣はこいつらだ↓
・チーズのおかき
・黒ゴマ風味の甘いおせんべい
・炒り豆(しょっぱい豆と甘い豆が混在)
・ロータスのビスケット
・ドライパイン

ビールのおつまみで乾き物ったら柿ピーとかさきいかとかポテチとか?
みたいな素人考えをいい意味で裏切るこのラインナップ。
ちなみに意外性の低い順からあげていってみました。
チーズのおかきはまだわかるとして、黒ゴマのおせんべいからはどっちかっていうと
ビールよりほうじ茶とかじゃないかというラインナップですが、
さすが他のビールメーカーとはちょっと違うっていわれたそうなサントリー。
このほうじ茶ラインナップが実にプレモに合うのです。

激推しが、案内のきれいなおねえさんも個人的にプッシュしていた
ロータスのビスケットです。
ロータスカラメルビスケット

5年ほど前代官山の美容院で髪を切るといったオサレな行為をした際、そこでお茶うけに出されたのが
私とロータスのはじめての出会いでした。さすが代官山、細部まで神が宿ってるぜと
いまだに覚えてるんだからよっぽどうれしかったんでしょう。

日本のビスケットのように硬く脂っけのない感じではなく
ほどよく脂っけがあって、カラメルの風味が強いロータスビスケット。
これが黒ビールに半端なくあうのです。
私はビールはキレ・苦味派(ラガー党)なので、あまりコク・甘な黒ビールは飲まないのですが
ロータスビスケットをつけてくれるなら、黒ビールアリだなってくらいのマリアージュです。

おつまみって、酒自体の味とはむしろ反対側の味わいのものをもってきて
マッチングの妙味を味わうものかとおもってましたが
ロータスビスケットと黒ビールは甘くて、コクがあって、こおばしさがあってと
味わい的に似ています。これが相乗効果を出しまくるのです。

考えてみると上記の乾き物はみなすべて味がマイルドで、
ビール界の中でもきわめてマイルドな味わいに位置するプレモと相乗効果を奏でまくりでした。
ポテチとか柿ピーとか、塩っけや油っけの強いつまみでビールを飲むなら
プレモよりもっとキレがあったり(スーパードライ)、苦味があったり(ラガー)とかの方が
いいと思います。