先々週くらいから、シチュー食いたい、
それもシチューかけごはんにして食いたい、と
ずっと禁断症状でした。
これがカレーなら、大好きな松屋に行くもよし、
好きなレトルトカレーを買うもよしと
あっという間に安価でドリームズカムトゥルーですが
一方シチューはレトルト文化がまだ「めばえ」レベルです。
シチューのおいしい洋食屋などそもそも知りませんし、
エンゲル係数の関係からためらわれます。

シチューが食いたいときは自分で作るしかないのです。
今日、作りました。シチューのために会社を一番乗りで退社しました。
(嘘です。いつもさっさと帰ってます。)

ずっと食べたかったシチューです。
とり肉もむね肉じゃなくて、奮発してもも肉を買いました。
シチューだったらもも肉なのです。
もも肉購入で一日の食費制限1500円を超えましたが
明日の昼シチューごはんをお弁当にすればいいだけのこと。
迷いはありません。

転がるように家に帰り、腹が減ってたまらないのに、
ごろごろ野菜のシチューにしたい、という思いから野菜を大きく切り、
ためしてガッテンを見ながら一時間、ことこと煮込みました。
二週待ったシチューごはん。大きく切ったやさいともも肉ごろごろ。
もも肉は一時間煮込んでも柔らかくて、男爵はホクホク。
うまかった。すごくうまかった。

そしてこのシチューだけでここまでテンションをあげれるこの感じ。
これを忘れなければ、老後は明るいと思いました。