いとしろ堂 

ライター石徹白未亜(いとしろ みあ)。得意分野はネット依存、二次創作(同人)など。

大学生みたら全員可愛く見えて、年取ったなと遠い目になった

calendar

reload

前回までのあらすじ
・25,6くらいのかわいこちゃんを前に、30のもっちーは
老兵は死なず、ただ消え行くのみの絶望的な状況にいるよ。

年をとるってできなくなることが増えることだと思います。
たとえば今日、西友でいつものように夕餉のお買い物をしていたのですが
レジ奥のベンチで、女子大生とおぼしき二人組がスーパーカップと思しき
安いアイスをおいしそうにきゃぴきゃぴとつついていたのです。

これ、30女が一人でやってたら一気に痛々しいに針がカックーンと振れますよ。
うわあ、一人でスーパーのベンチでアイス食ってる、よっぽどアイス食いたかったのかよこいつ、
しかもスーパーカップだよ、と。

30女、ひとりアイスするなら、六本木ヒルズに入ってる
コールドストーンクリーマリーのアイス(400円くらいする、確か)
くらいじゃなきゃだめでしょう。
年取ると、チープなことをしづらくなると思います。
(子連れだったり、おばあちゃんまでなったらぜんぜんオッケーですが。)

このような話をしていたところ人生の先輩から金言をいただきました。
「望月さん、かわいいの主成分って、若さだから。」と
さあ、リピートアフターミー!
「かわいいの主成分って、若さだから。」
若者は皆かわいいのです。
だってかわいいの主成分って若さだから。

かわいいという風船を膨らます空気のほとんどが若さエネルギーなので
若さがなくなれば当然かわいい、という風船はしぼんでいくのよ、という
ホント人と話すのって、これだからやめられないヨォ…!ってくらいの金言をいただきました。

同世代でかわいいの絶頂を当時極めていた人は今どんな30になっているのでしょう。
いろんな人に会いたくなってきました。

この記事をシェアする

関連記事

folder 【募集中】教えてあなたの節ネット

more...

folder ネット依存、ネット利用

more...

folder ファッション

more...

folder ライター仕事

more...

folder 同人活動(二次創作)

more...

folder 日記

more...