いとしろ堂 

ライター石徹白未亜(いとしろ みあ)。得意分野はネット依存、二次創作(同人)など。

誕生日だから室内物干し粗大ごみ申し込みした

calendar

誕生日でした(本買って)。

年末年始結構仕事してたし、誕生日くらいたまのオフを満喫しようかと思ったものの、一人外食で横が騒がしい客だとほんとにライフが削られてしまうので、誕生日にライフ削られたくないと外食はあきらめ、かわりにしたこと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
かれこれ数年壊れつつもだましだまし使っていた室内物干しをまた直そうとする
(部品が劣化なのか綺麗にはまらず、外れたままになり数回に一回倒壊する)

数分後また外れる

ムキー!きょう誕生日なのに!となる

「考えてみればベランダと浴室乾燥使えば、室内物干しいらなくね?」と38歳になりたての老獪な脳みそがひらめく

市に粗大ごみの依頼をし、室内物干しをばらしまとめ、ベランダに移動。来月のゴミ捨て日を待つ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

常に部品がいくつか外れていた室内物干しのない、美しい部屋。
今すごい満たされている。38歳の自分、おめでとう。

買い物好きの人って人生に前向きだと思う。増えることを喜びだと思えるって、前向きだ。
私モノを捨てたときの方が気持ちいい。
捨てる気持ちよさに芽生え、食べ物とか洗剤とか以外の残るものモノを買うのはもう「よっぽど」であり基本避けたい。
「卓上揚げ物機」も「炭酸造り機」も、5年以上ためらってる。
服は好きだから買うものの、それでも、もうおおむねそろってるし。

「モノを増やしたくない、モノが増えるのがイヤ」
こういう輩こそが資本主義を根本から脅かす存在ですよ。

しかし、「モノを増やしたくない」のは年期の入った一人暮らしってのもあると思う。
家族がいたり、ましてや子どもがいたりしたら、人並みのことしたいしさせてやりたいブースターが火を噴くでしょうからそら買うだろうな、あれやこれやモノを。政府が少子化対策に血眼なのはこの辺の理由もあるのか。

わずか半年前まではほんとにイヤだった「電子書籍で漫画を読むこと」も、物理的にモノが増えないというあらがえない魅力の前に今もう、だいぶ屈しています。

この記事をシェアする

関連記事

folder 【募集中】教えてあなたの節ネット

more...

folder ネット依存、ネット利用

more...

folder ファッション

more...

folder ライター仕事

more...

folder 同人活動(二次創作)

more...

folder 日記

more...