【どんどん更新していく予定】ノンアルコール飲料グランプリ(おいしいものからもう買わないものまで)

  • 日記
  • 山口メンバーの事件において、酒癖の悪さ、という一点だけは石徹白メンバーも無茶苦茶身に染みるんですよ。

    「今日は一杯で我慢する」とか山メンもきっと思ったし、やったこともあると思うんですよ。
    私もよくやろうとする。
    でも、「酒を一杯だけ飲んで我慢する」くらいならまだ「まるっきり飲まない」方がよっぽどストレスたまんない。
    特に飲み会とかで酒一杯だけ飲んであと二時間過ごすとか、地獄ですよ。

    「今日は一杯で我慢する」はもう、寝る直前に飲むとかそういうのじゃないと無理。
    だいたい「二日に一回酒飲む」を基本方針にしてるんですが、よく破るし、二日にいっぺんだと
    「ああ、今日は飲めない方の日だった……」とへこむので、もっと酒飲む頻度減らしたいなとかわりにノンアルコール飲料飲んでいます。

    おいしいノンアルコール飲料レビューしていきます。

    飲むたびに増やす。

    先に、非おすすめから。下に下がるほどおすすめ度が上がります。

    もう買わない

    もう買わない部門エントリー①サントリー オールフリー

    今のとこ飲んだノンアルコールビールで一番おいしくないのはオールフリーだと思う。
    なんかもっと、もっとよくできただろ?って感じの味。まずい上に人工っぽくて、どっちかなんとかしてよ、と思う。
    花見で紙コップについで数時間日の当たる場所で放置し、絶望的になったビールを人工的に改悪して復元しました、って感じ。

    キリンゼロイチやアサヒドライゼロに比べ明らかにおいしくない。
    そのわりにオールフリー、流通力が高いところも気にくわない。オールフリーの棚の代わりに別のノンアルビール入れてよと。
    500mlのノンアルコールビールがオールフリーだけっていうスーパー結構多い。
    居酒屋のノンアルコールもオールフリー多い。サントリーの野郎、営業力がありやがる。
    100mlあたりの糖質0g

    もう買わない部門エントリー②サントリー のんある気分地中海レモン

    まずいと思う理由がオールフリーとほぼ一緒。まずいのか、人工っぽいのかどっちかにしてくれよな味。営業力を製品力に回してほしい。
    100mlあたりの糖類0g(これは糖質じゃなく、糖類)


    もっといいのがあったら乗り換える

    もっといいのがあったら乗り換える部門エントリー①アサヒ ドライゼロ

    昔ドライゼロ出たてのころは糖質そこまでカットしてなかったはずなんですよ。そのころの方が味おいしかった。
    しかしオールフリーの台頭でドライゼロも糖質カットし、前ほどおいしくなくなったと思う。うろ覚えだけど。
    まあ糖質制限してるんで、ほんと、痛しかゆし。
    100mlあたりの糖質0g

    もっといいのがあったら乗り換える部門エントリー②アサヒ ドライゼロフリー

    普通のドライゼロ(上の)ですでにアルコールもカロリーも糖質もゼロだけど、ドライゼロフリーはそれにプリン体も人工甘味料もゼロだというもの。
    ドライゼロは人工甘味料アセスルファムKが入ってます。アセスルファムKはドライゼロに限らず多くの糖質カット系飲料や食品に入ってて、たまにほんとーに人工的でおいしくなくて、これなら糖質制限なんてしなくていい!というのがあって、アセスルファムkの野郎、と思ってました。

    だからアセスルファムKのないドライゼロフリーは普通のドライゼロと比べあきらかにうまいのか、と思いきや、これが「さほど」なんですね。
    なんかドライゼロで感じた苦味はあまりないものの、私苦いビール好きだからないとかえって物足りなく感じる。
    100mlあたりの糖質0g

    もっといいのがあったら乗り換える部門エントリー③キリン ゼロイチ

    ドライゼロの方がどっちかっていうと好みだけど、キリンはラガービールとハートランドを生み出した神だからここに載せとく。
    でもドライゼロは糖質0だけどゼロイチは2グラムある。その差があるならやっぱり糖質はいってるとうっめぇ~、って出て欲しかったけど
    ほんと、ドライゼロの方が好みだ。やっぱり「もう買わない」枠かも。
    100mlあたりの糖質2g


    また買う!

    また買う部門エントリー③VマークVALUE PLUS ゼロフィール


    いま紹介している中で、一番ノンアル系ビールでおいしいのこれです。
    オールフリーよりドライゼロよりゼロイチより確実においしい。
    オールフリーでは顕著に、ゼロイチではやや、ドライゼロでもちょっと感じるヤな感じのくせがない。
    アセスルファムK入ってるけど。日本の数多の著名ビールメーカーを駆逐したのはプライベートブランドだったという感動。
    うちの近所の東急ストアだと一缶88円という値段も泣かせる。酒は飲め飲めができますよ。

    でもプライベートブランドなのもあってか、楽天やAmazonじゃ売ってないみたい。

    Vマークは私鉄系ブランドスーパーの(Odakyu OX・京王ストア・リブレ京成・京急ストア・そうてつローゼン・東急ストア・東武ストア)共同ブランドです。
    これらのスーパーなら置いてる。しかしどうみてもどこも関東圏、さらに南関東圏。北関東感を排除したシティ派の味。

    売ってる場所が限られていますがほんとおいしい。糖質も0ではないけど0.2グラムなら全然いい。
    今日もせっせと大き目のスーパーやちょっといいスーパーや酒屋にいってノンアルコール飲料ないかいろいろ探してたんですがゼロフィールよかったからしばらく開拓熱が下火になりそうです。

    しかし関東の私鉄系ブランド連合のVマークに西武が入ってないのはなぜなんだろう。
    いじめられているのか、逆に西武が面倒くさい性格で他から敬遠されているのか。
    100mlあたりの糖質0.2g

    また買う部門②エントリーキリン ゼロハイ氷零 グレープフルーツ

    しつこいですが私が日本で一番好きなビールはラガーとハートランドなので(ふたつある)キリン神推しなんですね。
    サントリーには塩対応なくせにキリンにはつい甘めな私ですが、それでも氷結はおいしくないから嫌いなんですよ。ストロング飲むと頭痛くなるし。
    だからこの、氷結のノンアル版で~っす、っていうパッケージの雰囲気にヤバさを感じていたんですがこれはフツーにおいしい。
    グレープフルーツの苦い感じがちゃんと出ているし、人工甘味料使ってるけどそれがイヤな感じに出てない。
    私は甘い酒があまり好きじゃないのでこれを炭酸水で割って飲んでます。
    苦いのが酒飲んでるって感じがして嬉しい。
    100mlあたりの糖類0g(これも糖質じゃなく糖類。チューハイ系は糖類表記みたいだね)